毎日学校に行っていると

「行きたくない~」

「休みたい~」

と思うこともあるでしょう。

そしてそんな時に気になるのが

「休むときは自分で学校に連絡しないといけないのかな?」

「必ず親が電話しないといけないのかな?」

といった点。

 

そこで今回はそんな中学生・高校生向けに校を休むときは自分で電話してもいいのかどうかについて解説します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

学校を休むときの電話は自分でしてもいい?

学校を休むときの電話は自分でしてもいいかどうか、これについては

  • 中学生なのか、高校生なのかによる
  • 学校や先生による

と言えます。

 

中学生の場合

例えば小学生・中学生の場合は休む際に親が連絡することを義務付けているところが多いため、生徒自身が休みの電話をすると先生としては

「親はこのことを知っているのかな?」

と不安になるもの。

また休むときは親が連絡するというのは、親世代の人達としてもある程度常識になっている部分はあるため、の知らない間に生徒を勝手に休ませたとなると親から

「どうしてそんなことしたんですか?」

と責任問題を追及されかねません。

 

そのため小学生・中学生が自分で休みの連絡を入れてきた場合は、そういったことを踏まえて親に確認の連絡を入れることが多いです。

 

ただ家庭によっては親が早くから仕事に出て家にいないという場合もあり、どうしても生徒自身で連絡せざるをえなかったという場合もあります。

そのため親に確認の連絡はいくものの、そういった諸事情があれば自分で電話したからといって先生から怒られることはないでしょう。

「次からは親御さんに一言言ってから連絡してね」

「次は親御さんに連絡してもらうよう頼んでね」

と注意程度で済むはずです。

【関連】学校を無断欠席したら親に連絡がいく?先生に怒られる?

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

高校生の場合

一方で高校生の場合は、義務教育ではないため学校に来なくとも生徒の自己責任という考えがあり、小学中学と比べて休みの連絡を入れるのは生徒自身でも問題無い場合が多いです。

 

もしも自分で連絡を入れてもいいのか不安であれば、一度先生に聞いてみたり、同級生や先輩などに聞いてみるのもいいでしょう。

 

学校や先生による

自分で休みの連絡を入れていいかどうかは、学校や先生にもよると言えます。

例えば高校でも生徒自身で連絡を入れていいところもあれば、休む際は親から連絡を入れないといけない場所もあります。

この辺りは私立か公立かなどによっても変わってきます。

公立は生徒自らが連絡するのではなく、親が連絡するようにしているところが多い傾向にあり、逆に私立は公立に比べてそれほどうるさくない傾向にあります。

 

また他にも担任の先生によってもいくらか変わってきます。

先生によってはとにかく休むときは親から連絡を入れてもらうように指導している人もいれば、別に自分で連絡してきても構わない、何だったら友達に伝えといてくれたらOKなんて先生もいます。

 

ですのでこの辺りは一概に中学生、高校生というだけでは語れないため、気になるようでしたらやはり自分の担任の先生に聞くのが一番手っ取り早いでしょう。

 

学校を休むときの電話するの言い方

もしも自分で学校を休むときに電話をするのであれば、先生に話す際には以下の点を押さえておけば大丈夫です。

  • 挨拶
  • 名前
  • 担任の先生がいることを確認
  • 事情を説明

 

例えば

「おはようございます。○年○組の○○です。
担任の○○先生はいらっしゃいますでしょうか?」

(担任の先生がいらっしゃる場合)
「おはようございます。○○です。
今日は朝から頭が痛く、体調もよくないので学校をお休みします」

(担任の先生がいらっしゃらない場合)
「今日は朝から頭が痛く、体調もよくないので、学校をお休みすると、担任の○○先生にお伝え下さい」

といった感じですね。

 

相手は先生であり年上ですのである程度かしこまった言い方をしないといけませんが、それでも会社員ではなくまだ学生ですので敬語さえ使えておけばそれほど先生も話し方については気にしません。

【関連】先生に嫌われる生徒の特徴9つ!

 

学校を休むときの電話は自分でしてもいい?まとめ

というわけで今回紹介した内容を簡単にまとめると

  • 学校を休むときの電話は自分でしてもいいかは中学生か高校生なのかといった点や学校や先生などによって変わってくる
  • 中学生までは親が連絡することを義務付けられていることが多く、高校生からは生徒自身で連絡を入れても問題ないところが多い

といった感じですね。

 

休むときに自分で学校に電話をしてもいいかは、自分の置かれている状況によって変わってきます。

そのため今回紹介した内容を参考に、自分は自ら学校に電話しても大丈夫な状況なのかどうかを判断するといいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事