多くの学生がいるこの世の中では、どんな時にも多くの人が部活を辞めようか迷っていることでしょう。

更にその中で

「辞めた後の部活の人とはどのように接すればいいんだろう?」

「何か嫌がらせとかされないかな?」

と部活を辞めた後の人間関係について気になる人も多いようです。

 

そこで今回はそんな人向けに部活を辞めた後の人間関係はどうなるのか?考えられるパターンをいくつか紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

部活の人との関係が薄くなる

部活を辞めた後の人間関係として一番可能性が高いのがこれでしょう。

 

部活は部員同士でほぼ毎日数時間の付き合いがありますので、自然と同じ部活の人と仲良くなる傾向があります。

また部活をしている人としていない人ではスケジュール的な問題もありますので、たとえ部活内で仲が良かった人がいたとしても、部活を辞めてしまうと中々遊ぶ機会を作ることは難しいでしょう。

 

更に交流が多い分、部員同士で遊ぶことも多くなりますので、部活を辞めてしまうとその輪に入ることが難しくなります。

 

また部活を辞めるとどうしても元の部活の人と顔を合わせたり話したりすることに億劫になってしまいますし、向こうも気まずさを感じて辞めた人に関わるのは遠慮がちになります。

 

こういったことから部活を辞めた後の人間関係は、以前よりも薄くなることがほとんどのようです。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

陰口を言われる

次に考えられるのが、部活を辞めたことで部員から陰口を言われることです。

 

部活では部員皆は仲間といったような特別な意識が多少なりともありますので、人によっては部活を辞めたことを裏切りと思ってしまう場合があります。

 

そのため部員が少なかったり、何か約束をして入ったなどその部活が何らかの事情を抱えていた場合や部活内の人間関係が上手くいっていなかった場合ほど陰口を言われる傾向が高まります。

場合によっては

「○○が部活を辞めたせいで...」

と部活内で抱えていた問題を辞めた人のせいにするようなことを言う人も出てくるかもしれません。

 

ただ部活を辞めることは悪いことではないので、辞めたことで陰口を言われる筋合いは全くありませんし、陰口を言われたところであなたの人生に悪影響を及ぼすこともありません。

 

ですので

「嫌なことがあって部活を辞めたい!けど部活を辞めた後に陰口を言われたり、人間関係が悪化するのが怖い...」

と思っている方は深く考えず、その部活を辞めたいのか?続けたいのか?のみ考えましょう。

嫌々部活を続けるぐらいなら、きっぱり辞めてその分の時間を自分のしたいことに費やした方がよっぽど有意義です。

あまり変わらない

部活を辞めた後の人間関係として、可能性は低いですが辞める前とあまり変わらないというパターンもあります。

 

このパターンは部員が少人数で、なおかつ趣味の延長のような気楽な雰囲気の部活ほど可能性が高いようです。

 

どうしても部員が多いとその分辞めたことに関して色々言う人が多くなりますし、部員同士の交流も少人数の部活に比べて浅くなりがちですからね。

またきつい練習を重ねるほど部員同士で仲間意識が芽生えやすくなり、部活を辞めた人との温度差が生じやすくなります。

 

そのため運動部よりかは文化部の方が辞めた後の人間関係が良好にいく可能性が高いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は部活を辞めた後の人間関係として考えられるパターンをいくつか紹介しましたが、

あなたが辞める前に部活内でどのような人間関係を築いていたのか?

あなたは部活内で好かれていたのか?嫌われていたのか?

といったように辞めた後の人間関係は、部活内で自分が置かれていた状況によって変わってきます。

 

自分の置かれている状況と照らし合わせて、辞めた後の人間関係のパターンを予想し、今のうちに心の準備をしておくといいでしょう。

 

また部活を辞めた後のことを色々考えると不安になるかもしれませんが、深く考える必要はありません。

今回紹介したどのパターンだったとしても、またはそれ以外だったとしてもあなたの人生が終わるなんてことはありません。

ですので自分の決断に自身を持って、自分なりの道を進みましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

おすすめの記事