「何もしてないのになぜか嫌われる」

「最初は上手くいくのに、いつも最終的には皆に避けられる」

このように周りから嫌われるのも辛いですが、「なぜ嫌われたのかその理由が分からない」となるとより一層モヤモヤしてしまいますよね。

 

そこで今回はそんな人向けに何もしていないのに嫌われる時に考えられる理由をいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

何もしてないのに嫌われる理由

相性が悪い

約束を守らない、嘘をつく、悪口を言う、口が軽いなど嫌われやすい性格や言動というものが存在します。

後ほど詳しく書きますが、無意識の内にこういったことをしていることが何もしてないのに嫌われる原因の可能性もあります。

 

ですがこういった傍から見て嫌われるような言動をしていなくとも、中には

「なぜ嫌いかと言われたらなんと言えばいいか困るけど、それでもあの人は生理的に受け付けない」

といったように「具体的にどこが嫌いかは自分でもよく分からないけど、それでもなぜかその人の言動が癪に障る」という人もいます。

簡単に言えば相性が悪いということですね。

 

相性が悪いと感じる人は、自分に対して何かをしてこなくともちょっとした仕草や言動でも不快に感じてしまいます。

そのため何もしていないのに嫌われると感じる理由は、こういった相手との根本的な相性の問題ということも考えられます。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

顔が怖い

「釣り目の人は性格が悪そうに見える」

こういったことを一度でも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

このように人は顔だけでその人の性格を勝手に想像して勝手に決めつけてしまいがち。

 

それゆえに釣り目だったり、いつも眉間にしわが寄っていたり、表情が固かったりなど顔が不機嫌そうに見えるような人は、それだけで周りから悪い印象を抱かれやすく誤解されやすい傾向にあります。

誤解されやすいとちょっとしたことでも自分のせいにされたり、言動も悪い方に取られるなど嫌われやすくなってしまいます。

 

嫌われることを恐れている

他人から嫌われることを恐れている人は、

「嫌われてないかな?大丈夫かな?」

という不安からつい相手の顔をじろじろ見たり、好かれるためにゴマをすったりなど相手の機嫌を伺うような態度を取りがち。

ですがこういった機嫌を伺う態度は相手からしたらあまり良い思いはしないもので、やり過ぎると相手の神経を逆なでしてしまう原因にもなりかねません。

 

その場に馴染めていない

学校のクラスや職場などどんなところでもコミュニティや派閥のようなものが存在しますが、何も悪いことをしていなくともこういった周囲の輪に入らない人はそれだけで嫌われる原因になることもあります。

というのも周囲の輪に入らないとそれだけ周りとコミュニケーションを取る機会が少なくなる分、勘違いされやすくなります。

 

またその場に馴染めないが悪いことではないのですが、人によってはその場に溶け込めずに周囲から浮いている人をそれだけで見下す人も中にはいます。

孤立しているというだけでその人をいじめのターゲットにするようなタイプの人ですね。

 

そのためこういったことからその場に馴染めていないことが原因で嫌われているということも考えられます。

【関連】学校でいじめられる人の特徴や原因16選!中学生・高校生必見!

 

嫌われる何かをしているから

相性が悪い、勘違いされやすいなどこれまで紹介したように何もしていなくとも嫌われる可能性はあります。

ただそれとは別に「何もしていないと思っているだけで、実は気付かないうちに相手を不快にさせる言動をしている」という可能性も十分考えられます。

つまり「何もしてないのに嫌われるのは、自分が嫌われるだけの何かをしているから」ということですね。

「自分の常識は他人の非常識」と言うように、人付き合いをしていると自分では大丈夫だと思っていても相手からしたら不快に感じてしまうという価値観のずれは珍しくありません。

 

一般的に嫌われやすい人の性格や言動としては

  • 自分勝手な言動
  • ルールを守らない
  • 協調性がない
  • 空気を読めない
  • 一言多い
  • 見下した態度
  • なにかと否定する
  • 発言にいちいちトゲがある
  • 嫌味っぽい
  • 自分の話ばかりで相手の話を聞かない

といったようにざっと挙げてもこれだけあります。

 

本当は自分に嫌われるだけの原因があるのに、「自分は何もしていないのに」とその原因から目を背けていては改善する余地がないためどこへ行っても嫌われてしまいます。

そしてその度にまた「自分は何もしていないのにどうして...」と同じ過ちを繰り返す羽目になってしまいます。

こういった自覚症状が無いのが一番の問題だったりします。

そのため今一度自身の言動を振り返り、「本当に自分は嫌われるような何かをしなかったのか?」というにを再度確かめてみるといいでしょう。

【関連】クラスで嫌われてる人にありがちな特徴50選!中学生・高校生必見!

 

まとめ

今回紹介したように何もしていないのに嫌われる原因として考えられるものは様々です。

そのためこれらを参考にして自分は何が原因で嫌われるのかを考え、改善していくといいでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事