友達の好きな人に告白されたり、好かれるとどうすればいいかとても困ってしまうもの。

特に自分もその相手のことを気になっていたら

「本当は自分も好きだから付き合いたい...でも友達のことを考えると...」

と頭を抱えてしまいますよね。

 

そこで今回はそんな人向けに友達の好きな人に告白された時の対処法を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

友達の好きな人に告白されたら付き合う?断る?

友達の好きな人に告白されて困っている人は恐らく、その告白を受けて付き合うか、それとも友達のことを考えて断るのか、といった2択で迷う人が多いでしょう。

友達の好きな人に興味がなければ迷わず断ればいいだけですからね。

 

では実際問題、どっちを選択するべきか?という点ですが、これは単純に恋愛をとるか、友情をとるかの話になってきます。

というのも好きな人と付き合うことを選べば、少なからずその友達との関係に亀裂が入りますし、逆に付き合いたいけど友達の気持ちを優先して振ってしまった場合は、「やっぱり友人に遠慮せずに自分の気持ちに素直になれば良かった」と後ほどモヤモヤする可能性が高いです。

出来ることなら告白してきた人とも付き合いつつ、その友達とも今まで通り仲良くできるのが一番ですが、そんなことは現実的に不可能で、どちらか選択する以上何らかのものを犠牲にしなければいけません。

 

また今はその友達のことが「この子と関係をこじらせたくない!」と思うほど自分にとって大切な存在かもしれませんが、友達というのは学校を卒業したりお互い就職したりなど環境が変わったことをきっかけにもうほとんど関わらないなんてこともよくあります。

今関わっている人全員といずれは必ず縁が切れるというわけではないですが、後ほどもう関わることがないような人にこの瞬間だけ遠慮して、自分の気持ちをないがしろにするというのはとても勿体無いことです。

 

ですのでどっちを選ぶかは、そういったことも考慮して

  • 好きな人と友達どちらを優先するべきか
  • 自分にとってどちらを選べば後ほど後悔せずに済むか

といった点で判断するといいでしょう。

周りの人の気持ちを優先するのも時には大切ですが、自分の人生は自分が主役なので周りばっかり気にしていたら後で後悔するはめになってしまいますので、ここぞという時は周りよりも自分の気持ちを主張することも大切です。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

友達の好きな人と付き合う場合のポイント

次は出来るだけ友達との関係が気まずくならないようにするためのポイントを付き合う場合・断る場合に分けてそれぞれ紹介していきます。

友達の好きな人に告白されて付き合うか別れるか決めた人は、自分が選んだ側の項目を見て今後どのような行動を取るべきか参考にしてみてください。

 

付き合うことになった事実を友達に伝える

友達の好きな人と付き合う方を選んだ場合、その後の友達との関係を考慮して

「伝えるぐらいなら隠しておいた方がいいのかな?」

「付き合うことになったのを友達にどうやって伝えよう」

といったように考える人も多いでしょう。

 

ですが友達に隠して付き合うのはリスクが高いので、友達の好きな人と付き合うことになった場合はその事実を正直に伝えた方がいいでしょう。

というのも「人の口に戸は立てられぬ」と言うように、どれだけ周りに隠そうとしてもどこから2人が付き合っている事実が漏れるかは分かりませんし、万が一バレた場合は隠していた分友達との関係に大きく亀裂が入る原因になりかねません。

場合によってはバレた際に「自分の好きな人だということを知りながら○○は隠れて付き合ってた」と言われ、周りからも批難を浴びてその環境の自分の居場所も無くなりかねません。

 

また付き合うことを隠していると友達はそうとも知らずに自分の恋人にアプローチを続けることになるので、当然友達はその行為が報われることはありませんし、それを知りながら陰で見るのはそれはそれで罪悪感で辛いものがあります。

ですのでこのようなリスクを抱えてまで付き合うぐらいなら、最初から友達にその事実を伝えておく方がその後は穏便に済みやすいです。

 

友達の好きな人と付き合うことになった際の伝え方

伝え方としては

「○○と付き合うことになったから」

とただその事実を告げるのではなく、

「実は前から自分も気になっていたんだ。○○(友達)のことを考えて断ろうと思ったけど、本当に好きだからそれは出来なかった。本当にごめん。もし○○(友達)が許してくれるならこれからも仲良くしたいと自分は思ってる」

というように、

  • 実は自分も好きだった
  • ○○(友達)の気持ちを優先しようとは思ったけど、本当に好きだから出来なかった
  • 本当に申し訳ないと思ってる
  • これからも仲良くしたいと思ってる

といった心境も伝えておくと、後々の友達との関係がこじれにくくなります。

 

ただあくまでこじれにくくなるというだけで、どうなるかはその友達の性格やその後の行動次第ですので、場合によっては何をしても今後はギクシャクした関係になることもあるということを覚悟しておきましょう。

【関連】友達と好きな人が同じ時の対処法3つ!中学生・高校生必見!

 

好きな人に友達の好意を伝えておく

友達の好きな人と付き合うことになった場合は、相手に「友達もあなたのことが好きなんだ」ということを伝えておくのもポイントです。

その理由としては、付き合うことになった場合、嬉しさのあまり相手はその事実を周りに言いふらす可能性があります。

ですがその際に友達の好意を知らなければその事実を好きな人の口から伝えられてしまい、友達が必要以上にショックを受けることになりかねません。

 

また先に他の人から付き合う事実を知られてしまうと、先ほど紹介した付き合うにあたって伝えておくべき思いなどを友達は知らないため、

「自分があの人のこと好きだと知ってたはずなのにどうして付き合ったの...」

「○○に好きな人を取られた...」

あなたからその事実を伝えられるまで悪い方向に物事を捉えかねません。

 

ですのでこういったことを防ぐためにも、彼氏彼女には

「実は○○(友達)もあなたのことが好きなんだ。だから付き合うことになったのをあなたの口から聞くとショックを受けるだろうから○○には言わないでくれる?後から自分の口で話すから」

と言っておくといいでしょう。

 

好きな人からの告白を断る場合のポイント

ここからは好きな人からの告白を断ることにした人向けのアドバイスを紹介します。

 

断る理由に友達を使わない

友達の好きな人からの告白を断る理由としては、ほとんどの場合「友達の気持ちを優先したから」というのが主になるでしょう。

なのでそのままの気持ちを使って断ろうとすると「友達が○○のこと好きだから付き合えない」といったような断り方になると思います。

 

ですがこのように断る際に友達を言い訳にしてしまうと、相手はあなたと付き合いたいわけですから「じゃあその友達が諦めてくれればいいの?」と思ってしまいますし、場合によってはその友達のことを自分の恋を邪魔する厄介な存在と認識しかねません。

 

ですので告白を断る際は友達の思いは伝えずに、

「ごめん、興味ないから」

「他に好きな人がいるから」

などと無難な断り方をしておくのがいいでしょう。

【関連】告白された時の断り方6つ!中学生・高校生向け!

 

告白されたことを友達に伝えない

告白を断る際は、告白されたことを友達に伝えないのもポイントです。

その理由としては、告白されたぐらいであればわざわざ言う必要はないですし、それを友達に伝えることで相手が傷ついたり、恋を諦めてしまう可能性があります。

友達に対して隠し事とはあまり良い気がしないかもしれませんが、伝えることで嫌な思いをする可能性があるくらいなら、あえて言わないというのも大切なことです。

 

もしも後から他の人から告白された事実を友達が知ったとしても、

「○○(友達)のことを思って伝えなかった」

と言っておけば言わなかった理由として十分です。

 

友達の好きな人に告白された時の対処法まとめ

いかがでしたでしょうか?

友達の好きな人に告白されるというのはどうするべきかとても迷いますが、どれだけ迷っても選択は2つに1つ。

自分が後悔しない選択をしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事