高校生や大学生などある程度の年齢になると

  • 居酒屋でお酒を飲む
  • パチンコ屋でスロットを打つ
  • 深夜にカラオケで遊ぶ
  • コンビニでタバコを買う

など大人の娯楽に興味を持つ人も多いでしょう。

しかしこれらには「18歳未満は遊戯禁止」「20歳未満入店禁止」といったように年齢制限があります。

 

そのため

「年齢を確認されないためには?」

「年齢確認の逃れ方を知りたい」

という人も少なくないでしょう。

 

そこで今回はそんな人向けに年齢確認されない方法をいくつか紹介します。

居酒屋やパチンコ屋、コンビニなどどこでも使えるのでぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

年齢確認されない方法

成人に見える服装をする

年齢確認されるかどうかは、やはり見た目の影響が大きいです。

実際に年齢確認が必要な場面があるお店は、居酒屋やカラオケ、コンビニなどどんなお店も店員に対して

「見た目が25歳未満に見える場合は年齢確認をするように」

というような指導をしているところがほとんどです。

お店によっては「20歳に見えない場合」などその辺りの細かい条件は変わってきますが、見た目だけで全てを判断するのは難しいので、念のためということで25歳まで幅をとっているところが多いです。

 

逆に言えば見た目さえ大人っぽければ、それだけで年齢確認されない可能性は格段に高くなります。

ですので年齢確認されたくない人は

  • 服装を大人っぽくする(シンプルにして、中高生が好むようなファッションを避ける)
  • メイクをする

など大人っぽいファッションになるよう工夫するといいでしょう。

 

ちなみにこれは工夫することは出来ませんが、

  • 背が高い
  • 顔が強面

といった見た目の人はそれだけで大人っぽく見えるので、服装を工夫するだけで年齢確認される確率を大分下げることが出来ます。

【関連】年齢確認される人の特徴・基準3つ!コンビニや居酒屋でも共通!?

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

堂々と振る舞う

大人っぽく見えるかどうかは、見た目以外にその人の仕草や立ち振る舞い方にも表れます。

たとえば

  • 居酒屋に入った時に、年齢確認されないかびくびくしている
  • パチンコ屋でお店の仕組みが分からず、キョロキョロしてしまう

といったように挙動不審だったり、よそよそしい行動をとってしまうと、店員に

「お店に慣れていない...もしかして未成年?」

「なんか行動が幼いなあ」

と思われて年齢確認される可能性が高くなります。

 

逆に

「もう何回もこのお店来てますけど?」

「自分成人してますけど?」

堂々と振る舞い、こなれた行動をとればそれだけで大人っぽく見えるため、年齢確認されない可能性が高くなります。

 

成人と一緒に行く

年齢確認されない方法としては成人と一緒に行くというのも手です。

というのも見るからに高校生のグループであれば、それだけ幼い言動や特徴が目立って店員に目をつけられやすくなりますが、逆にすでに成人している人達の中に未成年が1人紛れ込んだら、ぱっと見は大人達の雰囲気が強くて全員大人っぽく見えるため、年齢確認から逃れることが出来る可能性もあります。

 

ただ一緒に行く成人が1人、2人程度だと、上手くその場に紛れ込めずに逆に自分の幼さが目立ってしまう可能性があるため、この方法を使う時は出来る限り人数を多くした方がいいでしょう。

 

年齢確認されない店を狙う

基本的にお酒やタバコの販売や、パチンコ店に深夜のカラオケなど年齢制限がある場所では見た目が幼く見える人には全国共通で年齢確認を実施するよう指導されています。

ですがお店によっては相手が年齢の基準に満たしていなさそうでも、年齢確認をスルーするお店もあります。

 

たとえば個人経営の小さなお店などはチェーン店などに比べて緩い傾向にあります。

また同じ居酒屋でも、系列によっては「どこどこのチェーンは他と比べて確認の基準が甘い」という場合もあります。

ですのでこういった年齢確認されないお店を狙うというのもポイントです。

【関連】居酒屋は未成年だけで入店できる?保護者同伴の場合は?

 

年齢確認されない店員を狙う

お店だけではなく、店員によっても年齢確認の基準が変わってきます。

人によって相手が何歳に見えるかどうか感じ方は違いますからね。

また中には「未成年っぽいけどめんどくさいからいいや」という人もいるため、本人のやる気によっても変わってきます。

他にも女性の方が真面目に仕事に取り組む人が多いので、女性店員よりも男性店員の方が比較的緩いという傾向もあります。

 

実際に同じお店でも

「あの店員は年齢確認が甘い」

「あの店員は厳しい」

などいうことはよくあるもの。

 

ですのでこういった店員の情報を事前にリサーチして、確認が緩い人を狙うというのも手です。

 

年齢確認されない方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

年齢確認はその時の店員の判断になるので、今回紹介した方法を使ったからといって必ずしもスルーされるというわけではありません。

しかし逆に言えば必ずしも年齢確認されるというわけでもありません。

ですので今回紹介した方法を上手に活用し、出来る限り年齢確認される確率を下げましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事