「バイトをしたい!」と思っても、親に反対されて働けないという人もいると思います。

特に高校生や大学生など学生に多いでしょう。

 

そのため

「親の許可なしでこっそり働こう!」

と考える人も少なくないと思いますが、そうなると気になるのが

「親に秘密でバイトすることって出来るの?」

「どういった時に働いてることが親にバレるの?」

といった点ですよね。

 

そこで今回はそんな人向けにバイトが親にバレる原因をいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

バイトが親にバレる原因

税金関係

「こっそり働いても税金関係で親にバレる」などといったことを目にした人は多いと思います。

ですが税金関係のことは調べても見慣れない言葉が出てきたり、自分にそれが当てはまるのかどうかよくわからず、「イマイチ理解しきれない」という人も少なくないと思います。

そのため親に内緒でバイトをしようとしている人の中ではこの税金関係について気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

基本的に働いていない人は親の扶養で保険に入っており、扶養に入るには年収を103万以内に抑えないといけません。

103万円を超えてしまうと色々と手続きをしたり、親に通知がいってしまう可能性があります。

「バイトがバレるのは、扶養の範囲を超えて働いた場合です。親御さんの扶養控除内でいるためには、お給料を年間103万円までにしないとダメ(交通費は含めなくてOK)。

 

そのため親にバレないようにバイトしようと考える人は、年収を103万円以内に抑えることを意識しないといけません。

103万円以内に抑えれば、税金関係で親にバイトがバレるということはありません。

 

ただ住民税がかかる場合はその分を考慮して、年収と住民税を合わせて103万円以内にする必要があります。

ですので103万円きっちりではなく、場合によっては96~100万円ほどに収入を抑えないといけない場合があります。

念のため、住民税にも注意しておきましょう。住民税の通知が自宅に届くとバレてしまう可能性があるからです。

 

また中には「マイナンバーカードを提出したら、そこから親にバレるのでは?」と心配する人もいるようですが、基本的にはマイナンバーカードを提出しただけでそういったことはないので安心してください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

私生活の変化

バイトを始めると私生活に様々な変化が出ますが、そういった変化が原因で親にバレることもあります。

 

たとえばバイトをするとなると、働く時間だけ家を出ることになります。

そうなると実家暮らしの人はバイトに行く際にいちいち外出する理由を家族に納得させなければなりませんし、そういった行動から怪しまれて問い詰められる可能性もあります。

 

また働いている間は基本的にスマホを触ることが出来ないので、家族から連絡があった際にすぐに出ることが出来ないこともあり、そういった時にも「この時間何してたの?」などと怪しまれてしまいます。

 

他にも職場の制服を洗ったり、通帳などバイトで使う物を管理しなければなりませんので、そういったバイト関連のものを見られてバレるという可能性もあります。

特に親は子供の部屋など平気で入ってくるので、鍵がかけられるドアや引き出しがなければちょっとした時に見つかってしまう可能性は大いにあります。

 

またバイトをするとお金が入るわけですが、お金が入るとその分だけつい散財してしまいがちで、そういった様子を見て「そんなお金どこにあるの?」などと怪しまれる可能性もあります。

 

親というのは子供のことは何も分かっていないようで意外にもよく見ており、ずっと暮らしてきただけあって些細な変化でもすぐに気付くもの。

そのため税金関連の問題を除けば、親にバレる原因としてはこのパターンが一番可能性が高いでしょう。

 

バイトをしているところを知り合いに見られる

世の中は広いようで狭いので、地元で働く場合は実家からいくら離れた場所でもバイトをしている姿を知り合いに見られる可能性は十分あります。

また場合によっては「バイト先の従業員に知り合い(親の知り合い)」がいたなんてこともあります。

 

そしてそれがきっかけで「○○くん働いてたんだねー、知らなかったー」などと知り合いづてに家族に伝わり、こっそりバイトしていることがバレしまった...なんてことも珍しくありません。

【関連】高校生が学校にバレないで出来るバイトおすすめ9選!

 

何かあった際に親に連絡がいく

バイトをする上では親の同意書などを求められることはあっても、バイト先から親に確認の連絡がいくということは基本的にありません。

 

しかし遅刻したり、バックレて無断欠勤したりすると、バイト先の人としては「何かトラブルにあったのではないか?」という心配から、履歴書に書いてあった緊急連絡先や親への番号に確認のために連絡を入れる可能性があります。

他にも職場でトラブルを起こして職場の人の手では負えない、家族にも出てきてもらわないといけない、といった事態になると、これまた親に連絡がいく可能性はあります。

 

そのためこういった緊急事態によって親に連絡がいき、内緒でバイトをしていることがバレしまうこともあります。

 

関連書類が家に送られてきた場合

バイトでわざわざそういったことをするところは少ないですが、職場によっては給料明細を家に送ってくるところもあります。

給料明細だけではなく、他にもバイトをする上で記入しないとけない必要書類が送られてくるといったケースもあります。

 

そのためこういったバイトの関連書類を家に送られて、それが親に見つかってバレてしまうという可能性もあります。

 

所得証明を親が請求した場合

所得証明書とは収入をどれだけ得ているかが記載されている書類のことです。

この所得証明書は本人以外でも取れるので、親がこの書類を取り寄せれば子供がバイトでこっそり収入を得ていることが分かるのでバレてしまいます。

 

ただ勘付かれたりしない限りは働いていないはずの子供の所得証明書をわざわざ取り寄せるなんてことはありませんし、たとえ勘付いたとしても所得証明書を取って調べるという発想は普通はそう浮かばないため、このパターンでバレる可能性は比較的低いでしょう。

 

まとめ

というわけで今回はこっそりバイトをした時にそれが親にバレる原因やパターンを紹介しました。

親に内緒で働こうとしている人は、今回紹介したものを参考にしてバレないように立ち回るといいでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事