学校を休む時は親が連絡を入れるのが基本。

しかし中には「親に内緒でサボりたい」という一心から

「欠席する時の電話は親のふりをしてもばれないんじゃ...?」

ということを考えつく人もいるでしょう。

 

そこで今回は学校を休む時の電話は親のふりをしてもバレないのか?といった点について解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

学校を休む時の電話は親のふりをしてもばれない?

学校を休む時に親のふりをして電話をかけてもばれないかどうか?

結論から言えば大抵バレると言えます。

 

というのも中学生・高校生ぐらいの年齢だとこういった大人の電話というのに慣れていないため、どれだけ丁寧な言葉遣いを使ったり保護者と声が似ていたとしてもどうしても子供っぽさが抜けません。

またこういった場面に慣れていないだけでなく、それに加えて親のふりというあまり良ろしくない行為をしているという後ろめたさからいつも以上に緊張してボロが出やすいもの。

 

他にも学校に電話をかけた際は先生か事務の方が出ると思いますが、職業上どちらも保護者など大人と電話する機会が多いため、電話口での子供と大人の違いにはすぐに分かります。

ですのでこういったことから生徒自らが親のふりをして電話をしても、高確率でバレると言えます。

 

しかし、もしも電話先で「怪しいな」と思っても確実に相手が生徒だと分からなければ「本当に親御さんですか?」とは聞きにくいもの。

そう聞いて本当に親だった場合はとても失礼ですからね。

なのでよっぽどたどたどしくなければ、少し怪しいと思ってもそのままスルーされる可能性も高いです。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

電話で親のふりをしてもバレない方法は?

とはいえ出来ることであれば親のふりをしてもバレずに済みたいですよね。

では学校に親のふりで電話をかけてもバレないために意識する点としては

  • 焦らずに堂々と喋る
  • どのように言えばいいか事前に調べておく

といったところですね。

 

電話で親のふりをしてバレる一番の原因はやはり経験の少なさから出るたどたどしさ。

大人は仕事など今までの人生経験でこういった電話に慣れているため、常に落ち着いて堂々としています。

そのため親のふりをして電話をかける時はとにかく落ち着いてハキハキと喋るのがポイントです。

 

またそのためにもいざとなった時に焦らないように親のふりをする際の言い方やセリフを事前に学習しておきましょう。

生徒自らが電話するのと親がするのでは口調が変わりますし、事前に頭に入れたり練習しておけば本番でより落ち着いて話すことが出来ます。

学校を休む時の電話の仕方は別記事で詳しく書こうと思っていますので、出来次第こちらにリンクを貼ります。

 

親のふりがバレたらどうなる?

ではもしも親のふりをして相手に「○○だろ」などと生徒であることがバレてしまったらどうなるのか?

これに関してはその相手次第によって変わってきます。

 

たとえばその場で「次からは親にちゃんと電話してもらうんだぞ」などと注意だけして、見過ごしてくれる先生もいれば、注意した後に「今からでも学校に来い」という先生もいるでしょう。

また電話の相手が事務員さんの場合は、教師よりも生徒の教育には一歩外れた立ち位置なので見過ごしてくれる可能性が比較的高いです。

このように電話に出た人の性格や立ち位置によって対応は異なるもの。

 

ただ共通して言えるのはばれたところでそれほど大事にはならないということですね。

これも人によってはすごい説教をされたり、親に連絡を入れる場合もあるかもしれませんが、大抵の場合は注意程度で済むことが多いです。

【関連】学校を休むときの電話は自分でしても大丈夫?中学生・高校生必見!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

相手は人生経験豊富の大人なので中学生・高校生が騙すのはそう簡単ではありません。

ですが可能性はゼロではないため、親のふり以外にいい案が無かったら挑戦してみるのもいいでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事