Twitterには相手にメッセージを送ることが出来るリプライやDMといった機能があるため、それらを利用することもあるでしょう。

しかしいざ送ったメッセージが反応なく、無視されると

「どうして反応が返ってこないんだろう?」

「もしかして嫌われてる?」

と不安になる人もいるでしょう。

特に周りのメッセージには反応しているのに自分だけ無視されるとなると尚更だと思います。

 

そこで今回はそんな人向けにTwitterでリプやDMを無視される際に考えられる理由や原因・無視する側の心理について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

TwitterでリプやDMを無視する人の心理・理由

忙しくて気付けない

リプやDMを送った側からすると「どうして無視するの?」と自分のことで頭がいっぱいになりがちですが、誰しも自分がメッセージを送ったタイミングで必ずTwitterを見ているわけではなく、相手にも都合というものがあります。

そのため無視する以前に、単純に現実で他のことをしていてTwitterのメッセージに気づけていないという可能性も十分にあります。

 

ある程度時間が経ってたから

相手にも都合があるといっても、ずっと現実が忙しいなんてこともないため

「ある程度の時間が経って落ち着いた頃には気付くはずだろう」

と思う人もいるでしょう。

 

ですが現実が落ち着いてTwitterにログインしても、メッセージが届いてからある程度の時間が経っているとその分他の人の通知が届いている可能性が高いです。

そうなるとその数だけ送られてきたメッセージは埋もれてしまい、あなたが送ったメッセージに気付きにくくなってしまいます。

 

またたとえ気付いたとしても人によっては

「メッセージが届いてからもう大分時間が経ってるなあ...返信やめとこう」

という人もいます。

これはTwitterに限らずLINEやメールなどでもこういった人はいます。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

後で返そうと思って忘れている

リプやDMが届いたことに気づいても、他のことをしていたり今は返す気分ではないため「後で返そう」と一旦返信を保留する人もいます。

そして後回しにした結果、メッセージの存在を忘れて返信することなく終わってしまうなんてことも十分あります。

 

返す必要がないと思ったから

なにかをお願いしたり、質問したりなどといったメッセージであれば相手も反応しやすいですし、「答えないと」と思うもの。

ですがたとえば食べ物の写真を投稿して、それに対して「美味しそう」などといった反応の場合、返信を求めているようには見えませんし、いざ返すとなってもどうやって返せばいいか分からないため、このような場合は「返す必要はないかな」と判断してあえて返さないこともあります。

 

またある程度リプやDMでやり取りしている際は、そのまま返信を続けているといつまで経っても会話が終わらないため、続けば続くほど自分も相手も負担になってしまいます。

そのためそうならないように会話にひと段落ついた時はそれをやり取りを終えるきっかけとして、あえて返さないこともあります。

 

通知欄がごちゃごちゃしているから

バズったり、色んな人とリプでやり取りをしていると短い時間で沢山の通知が届きますが、そうなるとどうしても気付いても返せなかったり、他の通知で埋もれて特定の人のものだけ気付かないなんてこともあります。

特に一度やり取りをしだすとその相手の通知でいっぱいになっていくため、一度見逃してしまうとそれ以降は気付きにくくなってしまいます。

自分だけ無視されて、他のフォロワーと楽しく会話しているのを見ると何とも言えない気持ちになりますが、このように必ずしも相手は意図的にしているとは限りません。

 

不快な内容だった

リプライやDMを無視される理由として、自分が送ったメッセージが相手からしたら不快な内容だったということも考えられます。

というのもTwitterは誰にでも気軽にメッセージを送ることが出来、なおかつ顔を出さない匿名でのやり取りということでつい現実では言わないような過激な発言をしてしまいがち。

また文章だけで気持ちを伝えるのは現実での会話とはまた違った難しさがあるため、そういうつもりはなくとも相手に誤解されてリプ蹴りをされたなんてことも珍しくありません。

 

メッセージがしつこい

また内容が不快ではなくとも、何度も何度もしつこくメッセージを送られるとそれだけ返信するのが負担になってしまうため、最終的にはどうしても無視せざるを得ません。

またたとえ返信する暇があったとしても、しつこくメッセージを送られるとそれだけで嫌な思いになるため、返信する気持ちも削がれてしまうもの。

 

嫌われてるから

リプやDMを無視されるのは、相手の都合が悪いなどではなくあなたが嫌われているからというのも考えられます。

嫌いな人から送られたメッセージには誰しも出来ることなら反応はしたくないと思うもの。

 

嫌われる原因としては先ほど紹介したように不快な内容を送っていたり、しつこくメッセージを送っているなど普段の言動が関わっていることが多いです。

そのため無視されたからといって必ずしも嫌われているとは限りませんが、これを機に今一度自身のTwitter上での立ち振る舞いを見直してみるといいでしょう。

【関連】Twitterでブロックやフォローを外されたのはなぜ?理由や原因6つ!

 

まとめ

これまで解説したように相手にも都合があるため、リプやDMを無視される理由には様々なことが考えられ、無視されたからといって必ずしも嫌われてるわけではありません。

ですので心当たりがないのであれば、自分が送ったメッセージに反応がないからといって気にしすぎないようにしましょう。

ネットやSNS上のコミュニケーションとはそういったものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめの記事