疑問に答えるお役立ちブログ

このブログでは主に世間が気になっている疑問などに答える記事を書いていきます。たまにゲームなどの趣味投稿も。

オーバーウォッチ

【オーバーウォッチ】リーパーの立ち回り、レイス・フォームの使い方

投稿日:

Pocket

近距離戦にてオーバーウォッチ最強クラスであるリーパー。

今回はリーパーのアビリティの一つ「レイス・フォーム」の使い方や意識することなどを書いていきます。

レイス・フォームの基本性能

レイス・フォームを使うと一定時間、攻撃が出来なくなる変わりに無敵状態にとなり移動速度も上昇します。

またザリアのグラビトンサージで集められている最中に使えば普通に抜け出すことも出来ますし、メイのスプレー、もしくはブリザードなどを受けている最中に使えば移動速度低下の効果を無効化して逃げることも出来ます。(凍った後には不可能)

相手から逃げるときに使う

そんなレイス・フォームを使うべき場面をいくつか紹介します。

まずは一つ目、逃げるときに使いましょう。

無敵状態となり移動速度も上昇するので相手からの追撃を避けることが出来ます。

ですが場合によってはレイス・フォームを使っても逃げきることが出来なく、その結果キルされてしまうといったことも起こりえるので、リーパーを使う際はレイス・フォームを使って安全なところ(味方の集団、ヘルスパックなど)まで逃げられるかどうかを常に意識しながら立ち回れば生存率が上がるはずです。

相手を追撃するときに使う

逆に相手を追撃するときにも使えます。

逃げる相手がいた場合はレイス・フォームで追いかけてしっかり仕留めましょう。

ただ注意点として追撃するためにレイス・フォームを使った場合、追いかけた先に相手がもう一人いたり逆に返り討ちにされそうになったりと自分がピンチになったときに逃げる手段が無くなってしまいます。

ですので追撃する際に使う場合はよく戦況を見極める必要があり、あえて追いかけないという判断も必要になります。

ウルトを発動したいときに使う

レイス・フォームはウルトを発動したいにも使えます。

リーパーのウルト「デスブロッサム」はとても殲滅力の高いウルトですが、特性上、それを活かすためには相手が周囲にいる状況でなければいけません。

ですのでレイス・フォームで素早く相手の集団に潜り込み、解除したと同時にウルトを発動し相手を殲滅するという使い方も出来ます。

ですがこの戦法は一瞬で飛び出すわけではなく、レイスフォームを使って無理やり相手の集団に飛び込むことになるので、レイス・フォーム中の時点で相手に標準を合わせられている可能性が高く、ウルトを発動したと同時に集中砲火を受けてしまいウルト途中でキルされてしまう可能性も十分にあります。

ですのでこの使い方はお互いのチームが睨み合っている状況ではなく、混戦状態のときに使うのがおすすめです。

そうすることにより対処されにくくなります。

戦線復帰に使う

リスポーンエリアから味方のところに行く際にレイス・フォームを使えば、移動速度が上昇するので戦線復帰までの時間を短縮することが出来ます。

この際、レイス・フォームだけでなくリーパーのもう一つのアビリティシャドウ・ステップも使えば更に短縮出来ます。

ただリスポーンエリアのすぐそばまで相手が迫っている場合は戦線復帰にレイス・フォームを使うと、戦闘中で使おうと思ってもクールタイムが終わっていなく使えないということになるかもしれませんので、そういった場合はあえてレイス・フォームを温存して普通に移動することも大事です。

まとめ

というわけで今回はリーパーのアビリティ「レイス・フォーム」の使い方をいくつ紹介しました。

レイス・フォームを効果的に使いこなすことが出来れば、生存率が上がる=相手にダメージを与える機会が多くなる=ウルトが溜まりやすくなる=キルが取りやすくなる=チームが勝ちやすくなる!ということに繋がってきます。

あなたのリーパーでチームを勝利に導きましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

-オーバーウォッチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【オーバーウォッチ】リーパーの立ち回り、裏取りをするべきか否か?

ショットガン2つを使い、オーバーウォッチの全キャラ中、近距離に関しては最強と言っても過言ではないリーパー。 遠くに瞬間移動出来る「シャドウ・ステップ」や攻撃は出来なくなるものの自身を無敵化し移動速度を …

【オーバーウォッチ】ゼニヤッタの立ち回り、不和のオーブの優先順位

今回はゼニヤッタのアビリティ、付けた相手の受けるダメージが1.3倍になる不和のオーブを使う際の優先順位や、意識することを書いていこうと思います。 広告 目次1 相手にラインハルトがいる場合2 相手にフ …

【オーバーウォッチ】マーシーの立ち回り、ダメージブーストの使い方

味方を状況に応じて回復したり攻撃力を上げたりすることが出来るサポートヒーローのマーシー。 今回は味方の攻撃力を上げることが出来るマーシーのアビリティ「ダメージブースト」の使い方などを書いていきます。 …

【オーバーウォッチ】マクリーの立ち回り、ウルトの使い方

一発の威力が高く、エイムさえあればかなりのDPSが見込めるオフェンスヒーローのマクリー。 今回はマクリーのウルト、デッド・アイの使い方やタイミングなどについて書いていきます。 目次1 デッド・アイの基 …

【オーバーウォッチ】シンメトラの立ち回り、ウルトはどちらを使うべき?

サポートキャラでは唯一味方をヒールすることが出来ないシンメトラ。 その分、小型タレットを最大6個設置したり、耐久値1000の楕円形バリアを飛ばすことが出来たりと他のサポートキャラとは違う形で味方を援護 …