歯医者を予約していたにも関わらず、急用が出来たり直前で行きたくなくなってつい無断キャンセルをしてしまうこともあるでしょう。

ですがその後に「もう一度その歯医者に通いたい」となると、

「以前のことをどうやって謝ればいいのかな?」

「もう一度治療してもらえるのかな?」

などと色々と不安に思う点が出てくるでしょう。

 

そこで今回はそんな人向けに歯医者を無断キャンセルした時の電話での謝り方や再予約の仕方などについて解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

歯医者をドタキャンする人は多い?

急に都合が悪くて行けなくなったり、うっかり忘れていたり、覚えていたけど直前で行きたくなくなったりなど無断キャンセルした事情は人それぞれあると思いますが、どのような事情であれ歯医者の予約をドタキャンしたことに対して罪悪感を感じ、憂鬱とした気持ちを抱いている人は少なくないでしょう。

 

ですが実は歯医者は飲食店や美容院など他の場所に比べて無断キャンセルをする人が多い傾向にあり、歯医者で働く人が口を揃えて「珍しいことではない」「よくあること」と言うほどです。

また無断キャンセルだけでなく、最初は通院していたけど途中から行かなくなったという人も多いのが特徴です。

 

その原因はアンケートなどを実施して調査しているデータがあるわけではないため、はっきりとは分かりません。

ですがやはり多くの人にとって歯医者=痛い、嫌な場所などといったイメージがあるため、そういったことからどうしても歯医者のことを考えると行く気が削がれるのでしょう。

実際にたとえ歯の調子が悪くても出来るだけ我慢したり、「歯医者に行こう」と決心するまでにとても時間がかかるという人も少なくありません。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

無断キャンセルする人を歯医者はどう思う?

では歯医者の人は無断キャンセルするお客さんについてどう思うのか?

これは先ほど言ったように歯医者では無断キャンセルする人が多いため、「またか...」程度の印象で済みます。

ただ回数が多いから慣れるというだけで、無断キャンセル自体は非常識な行為ですのでやはり良い印象は抱きません。

 

とはいえ先生もプロですので、ドタキャンしたからといって治療する際に手を抜いたり適当にするようなことはまずありません。

しかし歯医者によっては一定回数以上のドタキャンをした人はお断りするなどといった独自のルールを決めているところもありますし、出来ることならお互い気持ちよく治療に励む方がいいため、極力無断キャンセルはしないように心がけましょう。

 

無断キャンセルはカルテなどに記録される?

また無断キャンセルをするとそういった行為が記録されてブラックリストのようなものに載るのではないか?と心配する人もいるでしょう。

これに関してはその歯医者にもよりますが、カルテなどにそういったことが書かれることがあるため、記録される可能性はあると言えます。

それが先生にも伝わるのか、受付の人だけにしか分からないのか、何カ月間記録が残るのか、といったことも場所によります。

 

とはいえお客さん側からはそれらを確かめることはできませんので、いくら気にしたところで仕方ありません。

またたとえ記録に残っていたとしてもこれまで書いてきたように歯医者のドタキャンや無断キャンセルをする人は多いため、相手もそこまで特別な感情を抱くことはありません。

ですのでそれほど気にしないようにしましょう。

 

無断キャンセル後の謝り方や再予約の仕方は?

では以前無断キャンセルやドタキャンをしてしまったけど、日を改めてその歯医者に謝りたい、もう一度予約をして通院したい、という場合はどうすればいいのでしょうか?

これに関しては単純にその歯医者に電話して以前のことを謝り、その際に再予約をお願いするだけでOKです。

言い方としては例文を挙げると

「〇月〇日の△△時に予約していた□□と申します。先日は予約をしていたのに無断キャンセルをしてしまい申し訳ありませんでした。可能であれば再度予約をしたいのですが出来ますかね?」

といった感じですね。

これで歯医者側が許してくれれば、再予約の流れになります。

 

もしも忘れていたり、急用ができたなど理由がある人は

「先日は予約をしていたのですが、急用ができて無断キャンセルをしてしまい申し訳ありませんでした」

と言うのもいいですが、正直言えば向こうからすればドタキャンした理由はどうでもいいので言っても言わなくても特に変わりません。

 

まとめ

無断キャンセルをすると罪悪感に悩まされますし、その後に再度同じところに電話するというのは勇気がいるもの。

しかし案外自分が思っているほど事態はそれほど深刻ではなかったりします。

ですのでせっかくもう一度歯医者に通いたいという思いがあるのなら、自分のためにも勇気を出して電話してみるといいでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめの記事