会話はコミュニケーションの基本。

そのため友達付き合いをしていると会話をする機会も多いでしょう。

 

しかしそんな中には

「会話が続かない」

「会話が弾まない」

「話す話題がない」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は友達と会話が続かないときの対処法をいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

友達と話す話題を探す

友達と会話が続かない原因としては単純に話すことがないというのが考えられます。

会話が続かないと悩んでいる人の中ではこれが一番多いのではないでしょうか。

話すことが無くなれば、当然会話が続かなくなってしまいます。

 

そのため対処法として日頃から友達との会話で使えるような話題やネタを探し、ストックしておくといいでしょう。

 

普段の生活では友達との会話で盛り上がる話題がいくつも落ちていますが、今はネットが普及してそれらを簡単に拾えるようになりました。

 

そのため友達との話題探しにはニュースサイトTwitterなどで今話題のネタを探すのもいいですし、読書雑誌などから普通に過ごしていて知ることが出来ないようなタメになる知識も話のネタになります。

 

友達と話す話題の作り方や探し方についてはこちらの記事で詳しく解説していますのでそちらを参考にしてください。

【関連】友達と話す話題の作り方・探し方6つ!これで会話が盛り上がる!

 

またこの際にどういった話題が友達との会話に使えるのかを知っておくとより探しやすいでしょう。

こちらについては今から解説します。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

友達と話す話題の種類を知る

友達と会話が続かないのは何を話していいか分からないというのも原因として考えられます。

 

そのため会話を続けるコツとして友達と話す際にどういった話題が使えるのか知ることも大切です。

どのような話題が友達との会話のネタになるかを頭に入れておくことで友達と一緒にいる際に話せる話題が思い浮かびやすくなりますし、普段の生活でも話題を探しやすくなります。

 

つまり友達と話す話題を探すことは自分の引き出しの中を豊富にすることで、友達との会話で使える話題を知ることは自分の引き出しを広げることと言えます。

これら両方を行うことで今までよりも会話が弾みやすくなるはずです。

 

友達と話す話題やネタについては下の記事で詳しく書いていますので、そちらを参考にしてください。

中学生・高校生向けに書いたものですが、大学生や社会人にも使えるはずです。

【関連】友達と話す話題・ネタ8選!中学生・高校生向け!

 

思ったことを言う

友達と会話が続かない人の原因として思ったことが言えないというのも挙げられます。

「これ言っても大丈夫かな?」

「これ言っても盛り上がらないかな?」

などと頭に言いたいことは思い浮かぶも、不安がよぎって言えないというパターンですね。

 

会話はリアルタイムで進んでいくのでこうしてせっかく浮かんだ話題について色々と考え込んでしまうと、どうしても会話が途切れてしまいがち。

 

しかし会話は必ず盛り上がなければいけないというわけではありませんし、盛り上がることができなくともそれほど相手は気にしていません。

たとえ一言二言で終わるような会話でも立派なコミュニケーションです。

 

そのため思い浮かんだり、話す話題が見つかったときは考えるのはほどほどにして思い切って口に出してみましょう。

自分ではイマイチだと思った話題でも相手がそこから広げてくれるかもしれませんし、逆に相手の反応から自分で広げることも可能性です。

【関連】友達に嫌われてるかも…と不安になったときの対処法5つ!

 

沈黙を恐れない

友達と会話が続かないときは沈黙を恐れないというのも大切です。

どうしても友達と会話が続かなくなると沈黙が多くなりますが、この沈黙は中々気まずいもの。

そのため友達と会話が続かないと悩んでいる人の中には「友達との沈黙に耐えられない」という人も多いと思います。

 

しかしどれだけ会話を途切れさせないようにしても、どうしても沈黙になる時間というのはあるもの。

 

また沈黙は悪い時間ではなく、それもコミュニケーションの一環です。

友達と何かを話すわけでもなく流れるその時間も会話において大切です。

 

また沈黙を恐れるあまりマシンガントークになってしまうと1つ1つの話が薄っぺらくなってしまいますし、相手が喋りたいときに喋ることが出来なくなってしまい、余計に会話が弾みにくくなります。

 

そのため沈黙の際は「気まずいなあ、嫌だなあ」と思うのではなく、次の話題を探す時間に費やすなど堂々と過ごしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会話はコミュニケーションの基本ですが、相手の話を聞いてそれに反応したり、新しい話題を探したりなど会話を続かせるためにはリアルタイムで様々なことに気を配らないといけません。

そのため会話が苦手な人にとっては中々難しいもの。

 

しかし会話を弾ませるためには会話をしているとき以外にも話題を探してストックするなど対処法を打つことが出来ます。

 

そのため日頃から会話のネタを探すなど会話が続く努力をし、場数を踏んでいきましょう。

少しずつ変化が見えるはずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事