学生の間はテストを受けることが度々ありますが、「返ってきたテストの点数が悪いと親に怒られてしまう」という人も少なくないでしょう。

そのため

「返ってきたテストの点数がとても悪かった!親に何て言おう...」

「テストで赤点を取ってしまった...親に見せたくない...怒られたくない...」

と悩んでいる人も多いと思います。

 

そこで今回はそんな人向けにテストの点数が悪い時の親への言い訳をいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

テストの点数が悪かった時の親への言い訳

平均点が低いから

「他の皆もこんなものだった」

「全体的に難しかった」

といったように「平均点が低いから点数が悪いのは自分だけではない」という言い訳。

こう言い訳することで点数が悪くても、「これが普通、むしろこれでも良い方!」という印象操作をすることが出来ます。

 

ただ親がクラスメイトの親と仲が良いなど、クラスのテスト事情を知ることが出来る人脈がある場合は嘘がバレる恐れもあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

○○さんの方が低かった

こちらは先ほど紹介したようにクラス全体ではなく、

「頭の良い○○さんの方が低かった」

「でも成績優秀な○○さんと同じぐらいだった」

といったように特定の誰かと比較して言い逃れする方法。

言い方は違いますが、こちらも「それぐらい今回のテストは難しかった、点数が悪くて当たり前」というアピールをすることが出来ます。

 

ヤマが外れた

テストの点数が悪い時は

「テストに出ると思って勉強したところと違う範囲の問題が出た」

「テスト範囲の読みが外れた」

といったように「ヤマが外れた」と言い訳するのもいいでしょう。

 

こうすることで「読みは外れたけど勉強はした」といったように「やることはやった、運が悪かっただけ」とアピールすることが出来るので、親の怒りもいくらかマシになるかもしれません。

 

書く欄を間違えてた

これはテストあるあるの1つですね。

誰しも一度は書く欄を間違えてたせいで減点されたことはあるのではないでしょうか?

そのため親も自身の経験から「まあそういうこともあるよね」といくらか納得してくれるかもしれません。

 

ただそれでもテストの点がよっぽど悪くなるほど書く欄を間違えるというのは現実的に可能性は低いですし、返ってきたテストを親に見られると嘘がバレてしまう可能性もあります。

そのためちょっとした減点の言い訳程度には使えますが、これ1つでテストの点が悪かったこと全て言い訳するのは難しいかもしれません。

 

時間が足りなかった

テストには時間制限があります。

そのため

「冷静になれば間違えなかったはずなんだけど、この問題に時間をかけすぎてしっかり考える時間が足りなかった」

「急にお腹が痛くて途中でトイレにこもってたから時間が足りなかった」

「途中で寝てしまっていた」

といったように時間が足りなかったことを言い訳にするのもいいでしょう。

こうすることで「時間が足りなかっただけで自分の勉強不足ではない」と責任転嫁することが出来ます。

 

習ってない範囲のところまで出たから

テストは基本的に習った範囲までしか出ませんが、たまに先生のミスで習っていない範囲が出ることも珍しくありません。

そのためテストの点数が悪い時は「習ってない範囲のところまで出たから」とごまかすのも手です。

 

ただ習ってない範囲が出るとしても大抵は1,2問ぐらいですので、「書く欄を間違えてた」と同様にこの言い訳1つでテストの点が悪かったこと全てをカバーしきるのは少し無理があります。

ですのでこの言い訳を使う際はちょっとした減点を誤魔化す際に使うといいでしょう。

 

他教科は良い点だから

テストを実施する際は何科目か同時にするのが全国で共通です。

そのためテストの点数が悪かった時は「他教科は良い点だから」と言い訳するのもいいでしょう。

こうすることで「この教科は成績が悪かったけど、その分他が良いから」とこの教科だけではなく、全体で評価するように親の目を背けさせることが出来ます。

 

ただこう言い訳する以上は他の教科が良い点ではなければ説得力がないため、他教科に自信がある場合のみ使うようにしましょう。

 

体調が悪かったから

人はベストコンディションでなければ100%の成果を出すことが出来ません。

そのため

「頭が痛くて集中できなかった」

「その日は一日中だるくて頭が回らなかった」

などと体調不良を言い訳にするのも手です。

 

忙しかったから

部活や習い事、バイトなど勉強以外にすることがある人は、

「部活が大変で疲れて勉強するどころじゃなかった」

「バイトのシフトを沢山入れられて、勉強する時間がなかった」

「勉強以外のことで忙しかった」と言い訳するのもいいでしょう。

 

こう言うと「じゃあ辞めたら?」などと言われる可能性もありますが、逆にそれを逆手にとって「こうやって勉強に支障が出るから○○を辞めようと思う」と嫌なことを辞めるための言い訳に使うことも出来ます。

 

言い訳せずに、潔く認める

テストの点数が悪い時は怒られないようにとつい言い訳をしてしまいがちですが、言い訳をするぐらいなら潔く点数が悪かったことを認めて前向きに発言した方がかえって怒られにくかったりします。

たとえば

「今回は点数が悪かったけど、これで自分が何が苦手か分かったからこの経験を次に活かそうと思う」

「今回は正直勉強不足だったから、次はもっと頑張ろうと思う」

といった感じですね。

 

このように親に怒られる前に自分を責めれば、親も怒りにくいので結果的に自分の身を守ることが出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した中から自分の親を納得させられそうなものを選んで、テストの点数が悪かったことで親に怒られるのを防ぎましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事