好きな店員が出来ると、連絡先を渡して仲良くなりたいと思うもの。

しかし連絡先を渡すとなると「タイミングやセリフはどうすればいいのか?」といった点が気になるもの。

 

そこで今回はそんな人向けに店員に連絡先を渡すタイミングやセリフ、渡す紙の内容について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

店員に連絡先を渡すタイミング

ある程度仲良くなってから

店員に連絡先を渡して成功するかどうかは、それまでの2人の親密度が大きく影響してきます。

店員からすればそれほど親しくもない人からいきなり連絡先をもらっても、相手のことがよく分からないためそこから「連絡してみよう」とは思わないもの。

逆に何度か顔を合わせたことがあり、普通に世間話もするなど仲が良く、店員からしても好印象のある人から連絡先を渡されたら「連絡してみよう」と思うものです。

 

ですので店員に連絡先を渡すタイミングについては、大前提として店員との距離を縮まっているかどうかが重要になってきます。

そのためどれだけ相手のことを配慮してベストタイミングで連絡先を渡しても、ある程度距離が縮まっていなければ失敗に終わる可能性大です。

しかし逆にある程度タイミングをミスしても、それまでに店員と仲良くなっておけば成功する可能性は十分にあります。

【関連】店員に話しかけるきっかけや話題6つ!仲良くなりたい人必見!

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

他に人がいない時

店員に連絡先を渡すタイミングとしては他に人がいない時を狙うといいでしょう。

他に人がいる時に連絡先を渡すと周りからの目を気にして連絡先を受け取りづらいですし、同僚などに見られていると受け取った後に茶化されたり噂されるなどを心配して連絡をすることに消極的になる可能性があります。

 

コンビニや居酒屋、カフェなど働く場所によって二人きりになれる瞬間は変わってきますが、その場所によってある程度二人きりになれる瞬間は限られているので、あらかじめそれらを把握しておいて連絡先を渡すタイミングを見極めましょう。

 

忙しい時を避ける

どんな店でもお客さんが集中する忙しい時間帯というものがあるもの。

こういった時に連絡先を渡されると店員にとって迷惑ですし、忙しい分冷たくあしらわれる可能性もあります。

また人によっては「こんな時に連絡先を渡してくるなんて非常識な...」と忙しい時に連絡先を渡したことで、マイナスな印象に繋がりかねません。

 

このように忙しい時にアプローチすると、せっかく連絡先を渡しても失敗に終わる可能性がそれだけ高くなってしまいます。

そのため店員に連絡先を渡す際は忙しい時間帯を避けるというのもポイントです。

 

連絡先を渡す際のセリフや内容は?

連絡先を渡す際はタイミングだけでなく、

「どのように言って渡せばいいのか?」

「連絡先を書いた紙には何を書けばいいのか?」

とセリフや内容も気になるもの。

 

これについては渡す際のセリフも、渡す紙の内容もどちらも簡潔にするといいでしょう。

例えば渡す際は

「突然ですが、連絡先が書いてあるんで良かったら連絡ください」

といった感じですね。

上で書いたように連絡先を渡して成功するかはそれまでの店員との距離が大きく関わってきますので、この時に色々言ったところで大して影響はありません。

また重要なのはどちらかというと渡す際のセリフよりも渡す紙の内容です。

 

そして渡す紙の内容は連絡先+一言程度で十分です。

例えば

「一度お話したいので食事にお誘いしてもいいですか?よろしければご連絡ください」

「いつも一生懸命に働いている姿に元気をもらっています。良かったら連絡ください」

といった感じですね。

あまり長くし過ぎても重たいだけになってしまいますので、このように一言仲良くなりたい意思を示したり、相手をねぎらったり褒める言葉を添えるだけで十分です。

 

またこの際は逃げ道を用意しておくというのもポイントです。

「良かったら連絡ください」のように「連絡しなくてもいいですよ」といったニュアンスの言葉を書いておくと、どんな結果であれ相手の負担にならずに済みます。

他には

「連絡がなければ諦めます」

「ご迷惑になるようでしたら無視してもらっても構いません」

といった感じですね。

こういった相手を気遣える言葉があるかないかで、相手があなたに抱く印象は大きく変わるものです。

 

店員に連絡先を渡すタイミングまとめ

というわけで今回の内容を簡単にまとめると

  • 連絡先を渡す際は店員と仲良くなってからが大前提
  • 他の人がいる時や忙しい時は避ける
  • 連絡先を渡す際のセリフや内容は簡潔に

といった感じですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事