苗字呼びや君・ちゃん付けはどうしても距離を感じてしまいますので、仲良くなった友達は下の名前で呼んで今よりももう一歩踏み込んだ関係になりたいと思うもの。

ですが友達の呼び方を変えるのはタイミングが難しいため、中には

「新しく出来た友達を苗字呼びから呼び捨てにしたい」

「友達を下の名前で呼びたいけどタイミングが分からない」

「下の名前で呼ぶのが恥ずかしくて、いつもタイミングを逃してしまう」

と友達を下の名前で呼ぶタイミングについて悩んでいるという人も少なくないと思います。

 

そこで今回はそんな人向けに友達を下の名前で呼ぶタイミングをいくつか紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

○○って呼んでいい?

友達を下の名前で呼ぶタイミングが分からないときは「○○って呼んでいい?」と聞いてみるといいでしょう。

相手に何か特別な事情が無い限りは快く承諾してくれるはずです。

 

タイミングとしてはいきなり言って問題ないですが、

「下の名前で呼びたいから○○って呼んでいい?」

「呼び捨てにするの憧れてるから○○って呼んでいい?」

「もっと仲良くなりたいから○○って呼んでいい?」

などと自分の思いを一言つけると言いやすいでしょう。

 

またその後に

「良かったー。実はいつも友達を呼び捨てにするタイミングを逃してさー(笑)」

「実は友達を下の名前で呼ぶのにずっと憧れていたんだけど、恥ずかしくて出来なくて」

とここでも友達を下の名前で呼びたかったという気持ちや、呼ぶことが出来るようになって嬉しい気持ちなど自分の思いを一言添えるとより仲良くなれるでしょう。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

周りに合わせて自然に

もしもその友達がすでに周りから下の名前で呼ばれているときは、どさくさにまぎれて自分も下の名前で呼んでみましょう。

 

この場合、相手はすでに下の名前で呼ばれていることに慣れていますので、周りが呼んでいる際にさりげなく呼んでも違和感はそれほど感じません。

特にはしゃいでる時や何かに夢中の時ほど効果的でしょう。

 

下の名前で呼ぶのには最初の1回にすごく抵抗がありますが、一度だけでも呼ぶことが出来ればそれ以降は友達を下の名前で呼ぶハードルがぐっと下がります。

そのためたとえ相手が下の名前で呼ばれたことに気が付かなくとも、

「友達のことを一度だけでも下の名前で呼んだ」

という事実がその抵抗を弱めてくれて、次は今よりも名前で呼びやすくなり、その次はもっと...といったように1度下の名前で呼ぶことでプラスのループが訪れます。

 

そうなれば後は「いつの間にか下の名前で呼ぶことが定着していた」というところまで来ますので、こうして友達を呼び捨て出来ずに悩んでいたことすらも忘れているかもしれません。

 

いきなり呼んでみる

友達を下の名前で呼ぶタイミングが分からないときはいきなり呼んでみるのもいいでしょう。

 

今までは苗字やその他の呼び方だったのにいきなり下の名前で呼ばれるとビックリされるかもしれませんが、その後に

「実はずっと下の名前で呼びたくて」

「嫌だった?」

「もっと仲良くなりたかったからつい」

「呼び捨てにするタイミングが分からないから今言った(笑)」

などと自分の気持ちを伝えてフォローしましょう。

たとえ驚かれてもある程度仲良くなっているのであれば特にこれといった問題は起きません。

 

上でも書いたようにこういう場合は最初の1回が一番抵抗がありますが、それさえ超えれば次第に

「なんだ簡単じゃん」

「何でこんなことで悩んでいたんだろう(笑)」

と思えるほどになります。

 

また友達付き合いでは相手の気持ちを考慮しながら接するのは大切ですが、それはあくまで嫌われないようにするために大切なことですので、今よりも仲を深めたいと思うのであればこうして無理矢理にでも自分から踏み込んでいくことも重要になります。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

君・ちゃん付けで呼ぶ

現在、苗字など下の名前以外で呼んでいてタイミングが分からないときは、名前に君・ちゃんを付けて呼ぶのもいいでしょう。

 

名前に君・ちゃんを付けて呼べばいきなり呼び捨てというわけではないのでそれほど抵抗もありませんし、たとえ君・ちゃん付けでも名前を呼んでいることには変わりないので苗字で呼ぶよりかは一歩前進できています。

こうして少しずつ距離を詰めたり、君・ちゃん付けでも下の名前で呼ぶことに慣れることで最終的に下の名前だけで呼び捨てすることに近づくことが出来ます。

 

また最初は呼び捨てすることが目標だったけど、君・ちゃん付けで呼ぶのも意外に気に入った、と別の形で悩みが解消される場合もあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

友達の呼び方を変えるタイミングは難しいもの。

ですがだからといって自分から動かなければ何も変わりませんが、逆にどんなタイミングでも自分から動くことによって今の状況を変えることが出来ます。

そのため友達の呼び方を変えたいときはタイミングよりも自分から動くことが一番大切です。

最初は抵抗があるかもしれませんが、それさえ超えれば後はとても簡単になりますので勇気を出して下の名前で呼んでみましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事