人によっては学校の演技や、仮病のために

「意図的に顔色を悪くしたい」

と思うこともあるでしょう。

 

そこで今回はそんな人向けに顔色を悪くする方法をいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

顔色を悪くする方法

メイク

女性であればメイクで人工的に顔色を悪くすることが出来ます。

主なやり方としては

  • ブルーや紫などのコントロールカラーを塗って肌を青白くする
  • 唇は塗らないか、薄い色にする
  • 目周りにラメの無いうすい緑系を入れたり、ちょっと赤黒い色でクマを作る

といった感じですね。

 

ただ普段から化粧をしていたとしても顔を青白くするようなメイクは経験がないと思いますので、いきなりやっても失敗する恐れがあります。

そのため顔色を悪く見せたい日までに事前にメイクの練習をして、「これだ!」と自分が納得できるようなやり方を覚えておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

日焼け止めを塗る

日焼け止めはその名の通り、日焼けを防ぐものなので基本的には肌を白くする効果はありません。

しかし最近では塗るだけで肌が白くなる日焼け止めも発売されています。

 

そのためその日焼け止めを使い、肌を白くして顔色を悪くする方法もあります。

日焼け止めであれば化粧と違って塗るだけですので簡単ですし、男性、女性関わらず使うことが出来るというのもポイント。

 

ただ日焼け止めだけでは完全に顔色を悪くすることは難しいので、他の方法も活用しながら「出来る限り具合が悪そうに見せたい」という時の一押しとして使う方がいいでしょう。

 

身体を冷やす

身体を冷やして体温が下がると、血液の循環が悪くなったり血管の収縮によって顔色が悪くなります。

ですので意図的に身体を冷やすというのも手です。

 

主な方法としては

  • 寒い環境に長時間身を置く
  • 出来る限り衣服を薄くする
  • 首や足を冷たくする
  • 冷たい食べ物や飲み物を大量に摂取する

といった感じですね。

 

ただやり方によっては時間がかかりますし、顔色が悪くなるほど体温が下がるのはそれはそれで辛い思いをすることになるのでその辺りも頭に入れておきましょう。

 

吐く

意図的に吐く方法としては

  • 指を口に突っ込む
  • きつい匂いをかぐ
  • 水やお湯を大量に飲む

などが挙げられます。

 

食べ過ぎたり、飲みすぎたなどすでに吐き気がする時以外に意図的に吐くにはコツと覚悟がいるため、人によっては難しいかもしれません。

ですが嘔吐した後は高確率で顔が青白くなるため、吐くことさえ出来れば簡単に顔色を悪くすることが出来ます。

 

寝ない

人は一晩寝ないだけでもかなり体調が悪くなりますし、疲れから自然と顔色も悪くなってきます。

ですので顔色を悪く見せたい人はあえて睡眠をとらないという手もあります。

また寝ないと顔が青白くなるだけでなく、クマも出来るのでより顔色の悪さをアピール出来ます。

 

寝なかった翌日は辛いですが、やり方は単純なので人によっては意図的に吐くなど他の方法よりもこちらの方がいいかもしれません。

【関連】倒れる方法5つ!学校や会社でも簡単に使える!?

 

絶食

睡眠ではなく、食事をとらないという手もあります。

空腹のまま何時間もいると、気分が悪くなって自然に顔色も悪くなります。

この方法も先ほど紹介した寝ないと同じように簡単かつ、顔色も悪くなりやすいのでおすすめです。

 

身体を疲れさせる

疲労がたまると次第にその疲れが顔に出てくるもの。

そのため激しい運動をするなど身体を疲れさせて顔色を悪くする方法もあります。

 

ただ顔色が悪くなるほど身体を疲れさせるのはそこそこ時間や手間がかかるため、他の方法よりも使い勝手は悪いでしょう。

 

顔色を悪くする方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には寝ないというのが顔色を悪くできる可能性も高いですし、リスクもそれほどないためおすすめです。

自分にとって使いやすい方法を選びましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事