LINEを使っていると知り合いから間違い電話がかかってくることもあるでしょう。

しかし人によっては

「LINEで間違えて電話をかけることなんてあるの?」

「どうやったら間違い電話なんかになるの?」

「もしかしてわざと?」

といったようになぜ間違い電話をしてきたのか気になる人もいるでしょう。

 

そこで今回はそんな人向けにLINEで間違い電話をする人の心理や理由をいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

本当に間違えた

LINEで電話をする際は必然的にプロフィール画面などを開かないといけないため、必然的に相手の名前や画像が目に入ります。

そのため間違え電話などをしたことがない人は

「普通に使っててLINEで間違い電話なんてしないよね?」

なんて思ってしまうかもしれません。

 

しかし人によっては本当に間違えて電話をしてしまうことはあります。

間違えて電話をかけてしまうパターンとしては主に以下の3つが挙げられます。

  • 電話先をしっかり確認しなかった
  • ポケットに入れてたスマホが衣服に当たって勝手に反応してしまった
  • あなたのLINEのプロフィール画面、トーク画面を見ていて指が当たってしまった

 

今から1つずつ解説していきます。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

電話先をしっかり確認しなかった

人間慌てていたり、他のことで頭がいっぱいだと目の前の簡単なことも間違えてしまうもの。

そのため

  • 急用で慌てていてうっかり別の人にかけてしまった
  • ぼーっとしていてよく確認せずにかけてしまった
  • 他のこと考えていて頭がいっぱいだった

といったようにそのときの状況によっては電話先をしっかり認識せずにかけてしまうことは十分にあります。

 

ポケットに入れていたスマホが勝手に反応した

他にもスマホの反応具合やスマホをいつも入れる場所によっては衣服や身体に当たったのがタップと判断され、知らないうちに勝手にアプリが開くなんてこともあります。

そのためLINEで間違い電話をしてしまったのは「LINEがたまたま開いてそのまま通話ボタンが勝手にタップされてしまった」というケースですね。

そこまでいくと一人だけではなく、「いつの間にか複数の人に電話をかけてしまっていて後ほど沢山の折り返し電話がかかってきた...」なんてケースも珍しくありません。

 

このケースの間違い電話は

  • ちょっとしたことで反応しやすいスマホを使っている
  • 外出時はいつもポケットに入れている
  • スマホをしまう時に直前まで使っていたアプリや画面をそのままにしているが多い

といった点に当てはまる人ほど起こりやすいです。

【関連】LINEの返信が遅い友達の心理や理由6つ!

 

プロフィール画面やトーク画面を見ていた

LINEはプロフィール画面かトーク画面からしか電話をかけることが出来ません。

そのためたまたまプロフィール画面かトーク画面を見ていて、指が当たってしまったというケースも考えられます。

 

ではなぜ相手はあなたの画面を見ていたのか?という話になりますが、これについては

  • 暇つぶしに色んな人のLINEの画面を見ていた
  • あなたの画面に興味があった
  • あなたのトークを見返していた

といったことが考えられます。

もしも下2つのどちらかで画面を見ていた場合は、少なからずとも相手はあなたに対して好意を持っていると思っていいでしょう。

わざわざ嫌いな人のLINEの画面など見たりしませんからね。

 

わざと

LINEで間違い電話をする理由はこれまで紹介したたまたま以外にもわざとというパターンもあり得ます。

なぜわざと間違い電話をするのか?という点ですが、これについては

  • あなたとLINEするきっかけが欲しい
  • どんな反応をするのかと様子をうかがう

といった理由が考えられます。

今から1つずつ解説します。

 

LINEするきっかけ作りのため

好きな人や気になる人がいると「あの人とLINEをしたい」と思うもの。

しかしLINEだけでなくメールや電話でもそうですが、こういったものは何か用件がない限りはしにくいもの。

特にその相手が好きな人や気になる人となると尚更です。

 

ですが間違え電話をわざとかけることで、

  • 「ごめん間違えた」というメッセージを送れる
  • もしかしたら向こうから反応が返ってくるかも
  • あわよくば電話に出てくれるかも

といったことが望めるため、これらを狙って好きな人にLINEで間違い電話をする人もいます。

 

なのでもしも間違い電話をかけてきた相手がわざとであれば、それは脈ありのサインだと思っていいでしょう。

【関連】男子が好きな女子にとる態度や行動10選!中学生・高校生必見!

 

様子を伺う

他にも様子を伺うためにわざと間違い電話をするパターンもあり得ます。

例えば

  • 喧嘩して機嫌を損ねてしまったかも
  • 相手に嫌われてる気がする
  • どんな返事が返ってくるか試したい

といったように自分のことをどう思っているか反応を確かめたいという時ですね。

 

とはいえわざわざどうでもいい人に自分に対する気持ちを確認したいとは思わないため、こちらのパターンだとしても相手は少なからずあなたのことを好意的に思っていると考えていいでしょう。

【関連】友達に嫌われてるか確かめる方法6つ!

 

まとめ

というわけで今回紹介したLINEで間違い電話をする人の心理や理由をまとめると

  • 電話先を確認せずにかけてしまった
  • ポケットに入れていて勝手に反応した
  • プロフィール画面やトーク画面を見ていて指が当たった
  • LINEをするきっかけ作りのため
  • 相手の様子を伺うため

といった感じですね。

 

間違い電話と言ってもその理由や心理にはこれだけのパターンがあります。

そのためこれを参考にして自分にかかってきた間違い電話はどのパターンか考えてみるといいでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事