疑問に答えるお役立ちブログ

このブログでは主に世間が気になっている疑問などに答える記事を書いていきます。たまにゲームなどの趣味投稿も。

オーバーウォッチ

【オーバーウォッチ】シンメトラの立ち回り、ウルトはどちらを使うべき?

投稿日:2017年4月13日 更新日:

Pocket

サポートキャラでは唯一味方をヒールすることが出来ないシンメトラ。

その分、小型タレットを最大6個設置したり、耐久値1000の楕円形バリアを飛ばすことが出来たりと他のサポートキャラとは違う形で味方を援護することが出来ますね。

そしてシンメトラはウルトを「テレポーター」「シールドジェネレーター」と2種類使い分けることが出来るのも最大の特徴ですよね。

ですが選択肢がある分、どちらを使うべきか迷ってしまうのも事実。

そんなわけで今回は状況に応じたテレポーターとシールドジェネレーターの使い方を紹介したいと思います。(防衛側前提で)

テレポーターを使った方がいい場面

テレポーターを使えばリスポンエリアから設置した場所までワープ出来るようになり、倒された味方が戦線に復帰するのが早くなるという利点があります。ちなみに耐久値は400で味方でも自分でも計6回テレポーターを使えば壊れます。

そんなテレポーターを使った方がいい場面、というよりかはマップごとに紹介したいと思います。

とりあえずシールドジェネレーターよりもテレポーターの方がいいと思うマップはコントロール、ペイロード、そしてハイブリッド以外で尚且つ最初の目標Aのみです。

要するに花村やアヌビス、キングスロウなどまず最初に拠点制圧をしなければいけないマップでのみテレポーターは使うべきです。

それは何故かというとどのマップもリスポンエリアから目標Aまでの距離は攻撃よりも防衛の方が遠く、同じキルでも戦線に復帰するまでの時間は防衛の方が遅いからです。

なので攻撃と防衛では1キルのリスクが違い、防衛側は数的不利な状況に陥りやすいような地形になっています。

こういった防衛側のリスクを軽減するために上記で述べた条件が当てはまる地形ではテレポーターを使用した方がいいと思います。

シールドジェネレーターを使った方がいい場面

シールドジェネレーターは設置した場所から一定範囲内の味方にシールド75を付与させることが出来ます。このシールドは範囲内であればダメージを受けても一定時間経過後に回復します。

テレポーターは味方の戦線復帰を手助けするウルトでしたがシールドジェネレーターは味方全体の守備力を高め、生存率を高めるウルトということになります。

そんなシールドジェネレーターを使った方がいい場面なのですが、先ほど紹介したテレポーターを使うべきマップ以外ということになります。

なのでコントロール、ペイロード、ハイブリッドですね。

ちなみになぜ目標Aが拠点制圧のルールであるのにハイブリッドだけシールドジェネレーターの方がいいかと言うと、このマップに関しては防衛側のリスポンエリアから目標までそれほど遠くないからです。(むしろ攻撃側の方が遠い?)

ですのでテレポーターを使うよりもシールドジェネレーターで味方全体を固くした方が効果的だと考えます。

まとめ

というわけで今回はシンメトラのウルトの使い分け方についてご紹介しました。

シンメトラを使った際、相手によっては目標Aを取らせることなく守りきれてしまうこともありますが逆に全く通用しないという場合も十分にあるクセの強いキャラなので状況に応じてピックを変えるのも視野に入れておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

-オーバーウォッチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【オーバーウォッチ】ウィンストンの立ち回り、ジャンプパックの使い方

タンクヒーローの中でも機動力が高く、独特な立ち回り方が要されるウィンストン。 今回はその機動力の要であるウィンストンの最大の武器「ジャンプパック」の使い方やコツ、そして生存率を上げる立ち回り方などにつ …

【オーバーウォッチ】マクリーの立ち回り、ウルトの使い方

一発の威力が高く、エイムさえあればかなりのDPSが見込めるオフェンスヒーローのマクリー。 今回はマクリーのウルト、デッド・アイの使い方やタイミングなどについて書いていきます。 目次1 デッド・アイの基 …

【オーバーウォッチ】マーシーのウルト「リザレクト」のタイミング

少し前のアップデートにより若干強化されたマーシー。 そのためかシーズン4のランクマッチでも見かけることが多くなりましたね。 そしてマーシーの一番の魅力である、倒された味方を蘇生することが出来るウルト「 …

【オーバーウォッチ】ルシオの立ち回り、環境キルは狙うべきではない!?

周囲の味方を常時ヒール、もしくは移動速度を上昇させることが出来るサポートタイプのルシオ。 そしてルシオのアビリティの一つである、近距離の相手をノックバックさせることが出来る「サウンドウェーブ」。 この …

【オーバーウォッチ】マクリーの立ち回り、フラッシュバンの使い方

一撃の威力が高く、エイム力さえあればかなりのDPSを出せることが出来るオフェンスヒーローのマクリー。 今回はマクリーのアビリティ「フラッシュバン」の使い方や意識することなどを書いていきます。 広告 目 …