中学生や高校生ぐらいでスマホや携帯を持っている子は、ちょっとしたことが原因で親にスマホを没収されるなんてこともあるでしょう。

スマホは友達や彼氏彼女と連絡を取ったり、アプリでゲームをしたりなど今や多くの人にとって日常で欠かせないものとなっているため、そんなスマホを没収されて困っている人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はそんな人向けに親に没収されたスマホを返してもらう方法について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

没収されたスマホを返してもらう方法

どうしてスマホを没収されたのか理解する

スマホを没収されたのは親の気まぐれや嫌がらせなどではなく、大抵は没収されるだけの原因があるはずです。

たとえば

  • 長時間スマホをいじっているから
  • 成績が悪いから
  • 親のクレジットカードで勝手に課金したから
  • スマホを使ってトラブルを起こしたから

といった感じですね。

 

また親がスマホを取り上げたのはこのままスマホを使わせて子供に悪影響を及ぼすのを防ぐため、そしてこれを機に言動を改善してもらいたいという意図があります。

そのためスマホを返してもらうにはまずは没収された原因を知り、それをどのように改善していくかを考えることが大切です。

スマホを取り上げるだけの原因があるにも関わらず、それを改善しようとせずに文句を言うだけであれば親もスマホを返そうとは思わないもの。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

今後どのように改善していくかを親に話す

ではスマホを没収された原因を理解し、どのように改善していくかを考えたら、今度はスマホを返してもらうためにそれを親に伝えてみましょう。

たとえば

「今度からスマホを触るのは1日1時間までにします」

「もう二度とお母さんのクレジットカードを使って勝手に課金しません」

「テスト週間になったらスマホを触るのを禁止し、勉強に励みます」

「次のテストでは○○点以上を取るので、スマホを返してください」

といった感じですね。

 

先ほども書いたように親は嫌がらせでスマホを没収しているわけではなく、「このままスマホを持たせていると悪影響になる」という考えから取り上げています。

そのためこのように改善策を伝えて、「スマホを持っていても悪影響になることはない」ということを伝えれば、「それならスマホを返してもいいかな...」と考えてくれる可能性はあります。

 

またこの際は改善策を伝えるだけではなく、

「スマホを長時間触ってすみませんでした」

「勝手に課金をしてすみませんでした」

などと謝罪の言葉を一言付け加えておくと、反省している感が出るのでより効果的です。

 

ただこうして改善策を示してスマホを返してもらう分、返してもらってからはそれらをちゃんと実行しなければ意味がありません。

返してもらう時だけ都合のいいことを並べ、返してもらったら以前のように好き放題スマホを使うようであれば、再度没収されるのは間違いないでしょう。

またこれを機に「やっぱりこの子にスマホを与えるのはダメなんだ」と思われて、次からスマホを返してもらうのがもっと難しくなる可能性があります。

ですので返してもらうためだけに言い訳を並べるのではなく、それらを有言実行することが大切です。

 

行動で示す

もしも先ほど述べたように改善策を示して交渉したにも関わらず、親にスマホを返してもらえなかった場合。

この場合は親からの信用を無くして何を言っても信じてもらえない状態ですので、直接交渉するのではなく行動で示す方向にシフトチェンジするといいでしょう。

たとえば

  • 「スマホを返して」と文句を言うのをやめる
  • 親に言われる前に勉強に励む
  • 今まで以上に勉強に打ち込む
  • 親の手伝いを率先してする

などといった感じですね。

 

直接言ってダメならこのように行動で示すことで「最近態度が良くなってるからこれならそろそろスマホを返してもいいかな」と親からの評価を取り戻すことが出来、スマホを返してもらうための交渉にも聞く耳を持ってくれやすくなります。

 

失った信頼を取り戻すのはそう簡単ではないのでこの方法は時間がかかりますが、聞く耳を持ってくれないのであればこうして行動で示し、地道に評価を取り戻すしかありません。

 

スマホの隠し場所を探す

これはスマホを返してもらう方法というよりかは、無理矢理スマホを取り返す方法ですね。

没収したとはいえわざわざ契約したスマホをすぐに解約したり、捨てる可能性は低いです。

そのため家の中のどこかにスマホは隠されているはずですので、その隠し場所を探してこっそり取り返すという方法。

 

ただ隠されていたスマホをこっそり取り返したことがバレたら当然ながら怒られるでしょうし、反省の色なしと見なされてスマホを返してもらうのが今以上に難しくなるでしょう。

ですのでこの方法は

「どうしても連絡をしておかないといけない人がいる」

「親にLINEや検索履歴など見られたくないものを見られないようにパスワードをかけたい」

「アプリに数分間だけログインしたい」

などといったように「ほんのちょっとだけでいいから今すぐスマホを触りたい」という緊急時用の最終手段として考えておくといいでしょう。

 

ちなみに親がスマホの隠し場所として使う可能性が高い場所などは、下の記事で詳しく解説していますので気になる方は合わせてお読みください。

【関連】ゲームやスマホの隠し場所20選!親に隠されたらここを探せ!

 

まとめ

というわけで今回は親に没収されたスマホを返してもらう方法を紹介しました。

今回紹介した方法を参考に、取り上げられたスマホを取り戻しましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事