最近ではライブやコンサート、舞台などの入場時には本人確認を実施するところも増えてきました。

その一方で

「オークションで買ったチケットなんだけど...」

「他の人から譲ってもらったチケットなんだけど...」

「身分証明書が用意できなかった...」

と本人確認をされると困ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はそんな人向けにライブの本人確認を回避する方法について解説します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

ライブの本人確認を回避する方法

ライブの本人確認を回避する方法ですが、本人確認された際にやり過ごす方法と言い換えれば手段は身分証明書を用意するかもしくは偽造するの2つとなります。

ただ身分証の偽造は違法ですのでバレた時は大変な目に遭いますし、身分証を用意するというのも「最初から出来ていたらそうするわ!」という人がほとんどだと思います。

 

ではライブの本人確認を回避する方法は他にないのか?という点ですが、これは先ほど挙げた本人確認をやり過ごすのではなく、本人確認自体を受けないことを目的にすればいくらか希望はあります。

というのもライブの本人確認は必ずあるわけではなく、イベントによってはすると言いながらしないことも少なくありません。

特にライブではなくコンサートやフェスだとあまり確認をしない傾向にありますし、運営やアーティストが本人確認に力を入れない場合だとしないことの方が多いです。

 

またもしも公式の案内で本人確認をするといったことが事前に告知をされていない場合も本人確認は行われないことの方が多いです。

事前に伝えておかないと身分証明書を持って来ない人もいるでしょうからね。

 

ですので本人確認を回避するためには事前にそういった情報収集を行い、自分が行くイベントは本人確認をするかどうか見極めるといいでしょう。

イベントによってするかどうかは異なりますが、大体はアーティストや運営によって共通点や傾向がありますし、今はSNSもありますので「ジャニーズのライブはいつも必ず全員本人確認される」「米津玄師のライブは緩い」などといった情報はゴロゴロ転がっています。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

ライブの本人確認をやり過ごすのは難しい

先ほどはライブの本人確認は必ず実施されるというわけではないため、それらを見極めれば回避することが出来ると説明しました。

しかしその一方で万が一本人確認をされた場合、やり過ごすのは難しいと言えます。

というのも本人確認をするとなった時にちょっとした言い訳で確認されずに済むということはなく、するからには必ず確認をされます。

また緩いところもあると言いましたがそれでもチケットの名義と名前が同じ身分証明書を最低限用意しないといけませんし、大手などは大抵は顔写真付きの身分証明書を必要とするためそれなりのものを用意をしなければいけません。

 

なので本人確認自体がないケースもありますが、そのイベントが必ず確認がないとも限りませんし、もしも確認をされることになったらどうしようもないためそれなりのリスクは伴います。

ですので本人確認を100%回避するにはやはり正規の方法でチケットを購入し、公式の案内通りの自分の身分証明書を用意するという正攻法しかありません。

そのため正規の方法で手に入れたチケットではない人は、もしかしたら会場に入れないというリスクもあることは頭に入れておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ライブの本人確認は必ず行われるというわけではありません。

ですので本人確認をしないライブを見極めることが出来れば、回避することは可能です。

とはいえこれまで説明した通りそれでも必ず確認がないとも限らないため、やはり100%回避するには正規のルートでチケットを購入することが一番なので出来るならそうするように心がけるといいでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事