「告白されてOKしたけど、やっぱり取り消したい」

時にはこう思うこともあるでしょう。

しかしそうなってくると

「どうすればいいんだろう?」

「どうやって伝えればいいんだろう?」

「こういう時に相手が傷つかない断り方ってどんなの?」

と色々と悩みが湧いてくるもの。

 

そこで今回はそんな人向けに告白されてOKしたけどやっぱり取り消したいときの断り方やポイントをいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

告白されてOKしたけど取り消したい時のポイント

こういうことは誰しもある

わざわざ相手が告白してくれて、それをOKしたのにやっぱり取り消したいと思う際は、そんな自分に嫌悪感や罪悪感を抱いてしまうことでしょう。

しかしこういったケースは意外によくあるもの。

そのためよくあるからといってそういったことをしてもいいわけではありませんが、自分を必要以上に責めることはやめましょう。

こうして失敗を繰り返していくことで、相手を傷つけることなく上手に恋愛が出来るようになっていくものです。

 

早めに言う

OKを出したけど取り消したい時は、「やっぱり断りたい...けどそれは相手に悪いかな...どうすれば...」とその気持ちを相手に伝えるのが遅くなってしまいがち。

しかし冷静に考えて「やっぱり付き合えない」と思った相手と無理して付き合っていくことは難しいですし、いくら考えても答えは変わることはまずないでしょう。

また答えを出すのを先延ばしにしてずるずる付き合っているとそれだけ断りにくくなりますし、相手が傷を負う深さも増してしまいますし、先延ばしにしたところでいずれは思いを伝えなければなりません。

 

そのためOKしたのをやっぱり取り消したい時はとにかく早めに言うことが大切です。

その方がお互いのためになります。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

相手が傷つくことはもう仕方がない

告白をOKしたものの、やっぱり取り消すという行為は相手が傷ついてしまうということは誰でも容易に想像できると思います。

そのため「出来る限り相手が傷つかない断り方ってないかな?」と思う人も少なくないでしょう。

 

しかしこれは言い方どうこうよりもOKされた告白をキャンセルされるという事実だけで圧倒的に傷つくため、どんな言い方をしようが関係ありません。

なので断る時は「どんな言い方をしても相手は傷つく、自分はそういうことをしたんだ」という事実を受け入れて、相手と向き合いましょう。

 

断る時の理由

先ほどはどんな言い方をしても相手は傷つくと説明しました。

しかし人によっては傷つかない断り方以前に「とにかくどうやって相手に告白を取り消すことを伝えればいいのか分からない」という人もいるでしょう。

そこで取り消す際の言い方をいくつか紹介すると

「やっぱり友達としていたい」

「付き合うことにしっくりこない」

「ノリでOKしてしまったけど改めて考えるとやっぱり...」

といったものが一般的ですね。

 

とはいえOKした告白を取り消したいと思うからにはそれだけの理由があると思いますので、どんな言い方をしても傷つくのであればその理由を素直に伝えるのが一番いいでしょう。

断った理由まで言うのは心苦しいかもしれませんが、そっちの方が相手も納得して吹っ切れやすいので相手のためにもなります。

 

振り回してしまったことについて謝る

承諾した告白を取り消す際は理由だけでなく、振り回してしまったことについて謝るのも大切です。

どんな理由であれ自分の都合で相手を振り回すことになり、それで傷つけてしまったという事実は間違いありません。

 

ですのでせめてその誤りに対してしっかり謝罪をしましょう。

謝ったからといって許してもらえるわけではありませんが、謝らないのと謝るのとでは相手が抱く印象は大きく変わってきます。

また自分に対する戒めや気持ちに踏ん切りをつけるという意味でも謝ることは大切です。

 

告白されてOKしたけど取り消したい時のポイントまとめ

というわけで今回の内容を簡単にまとめると

  • こういうケースは珍しくない
  • OKしたのを取り消そうと思ったら、早めに言うのがお互いのため
  • どんな言い方をしても相手が傷つくことは避けられない、その事実を受け入れる
  • 断る時の言い方は、素直に取り消したい理由を伝え、振り回したことについて謝罪する

といった感じですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事