学校生活において先生の存在は重要なもの。

生徒達のリーダー的な存在と言っても過言ではありませんね。

そのため

「先生に可愛がられたい!」

「教師のお気に入りになりたい!」

と思う生徒も少なくないでしょう。

 

そこで今回はそんな人向けに先生に可愛がられる方法をいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

先生に可愛がられる方法

勉強を頑張る

先生は生徒達に勉強を教えるのが仕事ですが、それに応えようと勉強を頑張ってくれる生徒というのは可愛いと思いますし、先生もやりがいを感じるもの。

勉強を頑張るとはいい成績をとるというのもそうですが、それ以外にも

  • 授業中に真剣に取り組む
  • 分からないなりに理解しようと必死に頑張る

などといったように結果よりもその過程の方が大切だったりします。

 

例えばどれだけ成績が良くても、それで調子に乗って先生の話を聞かなかったり授業中にふざけているようだと先生からすれば可愛げのない生徒と感じてしまいます。

ですが一方でたとえ成績それほど良くなくとも、だからといって投げやりにしたり諦めたりすることなく必死についていこうと頑張る生徒は先生からすればとても可愛いものです。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

先生が話す時に愛想良くする

愛想を良くするとは、例えば授業などで先生が生徒に向かって話す時に

  • 「へー、そうなんだー」と相槌を打つ
  • 「うん、うん」とうなずく

などですね。

先生は教える立場ゆえに生徒達に話しかけたり問いかけることが多いですが、その際にこうして自分の話に良く反応してくれる生徒というのは可愛いもの。

特に皆が皆こんな反応してくれるわけではなく、むしろ大抵は特に反応もしない生徒が多いです。

そのためそんな中でこのような反応をしてくれる生徒というのは良い意味で目立つものです。

 

先生に積極的に話しかける

生徒にも大人しい生徒やよく話しかけてくる生徒など色々おり、先生はどんな生徒でも平等に接しようとは思っています。

ですがそれでも先生も人間ですので、やはり自分に対してよく話しかけてくる子は他の生徒よりも可愛く感じるもの。

これは先生だけに限った話ではなく、例えば部活の後輩であなたによく話しかけてくる子がいたら他の子よりも可愛いと思いますよね?そういったことと同じです。

 

ですので先生と話さないからといって嫌われたりはしませんが、やはりより可愛がられるためには自分から積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

【関連】好きな先生と話したい人必見!話す話題や話しかける方法3つ!

 

先生に質問する、頼る

また先生からすれば生徒によく話しかけられるだけでなく、頼られるのも嬉しいもの。

よく頼ってくる生徒がいると、それだけ

「しょうがないなあ」

「どうにかしてやろう!」

母性本能のようなものが働くのでそんな生徒を可愛く感じますし、ついついあれこれお節介したくなるものです。

また質問したり頼るというのはそれだけで先生に話しかけるきっかけにもなりますので一石二鳥です。

 

先生に悩みを打ち明ける

先生に可愛がられる方法として悩みを打ち明けるというのも手です。

悩みを打ち明ければそれだけ親密な関係になりますし、先生も生徒から相談してもらえると

「自分に相談してくれた...信頼してくれてるのかな?」

と嬉しい気持ちになるもの。

また一度相談に来た生徒のことは先ほども書いた母性本能的なものからその後もつい気にかけてしまうものです。

【関連】先生にとって生徒からの相談は迷惑?めんどくさい?

 

先生を呼ぶときに「○○先生」と呼ぶ

先生を呼ぶ際はただ「先生」と呼ぶ人が多いですが、この際に「○○先生」とちゃんと相手の名前を入れると可愛がられやすくなります。

というのも人は

「ちょっと」

「おい」

「すみません」

などと呼ばれるよりも、ちゃんと自分の名前を呼んでくれる人に対して好感を持ちやすくなっています。

これは人それぞれ思い当たる節があると思います。

 

特に先生の場合は「先生」という呼び方があるからこそ、名前で呼んでくれる生徒は少ないため、そんな中でこうしてしっかりと「○○先生」と呼ばれると先生もより嬉しいものです。

これはちょっとした小技のようなものですが、それでも効果的ですのでこのテクを使って他の生徒よりも可愛がられましょう。

 

先生に可愛がられる方法まとめ

というわけで今回紹介した内容を簡単にまとめると

  • 勉強を頑張る
  • 先生が話す時に愛想良くする
  • 積極的に話しかける
  • 質問する、頼る
  • 悩みを打ち明ける
  • 「先生」ではなく「○○先生」と呼ぶ

といった感じですね。

 

先生に可愛がられる方法は特別難しいことをする必要はなく、ちょっと意識するだけで使えるようなものばかりです。

そのため今回紹介した内容を参考に、自分が出来るものから少しづつ試していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事