ママ友付き合いをしていると「子供を預かってくれない?」といった頼み事をされることもあるでしょう。

ですが

「他人の子供は自分の子供以上に気を使うから疲れる」

「自分の子供を見るだけで精一杯」

「単純にめんどくさい」

といったように様々な理由から「ママ友の子供を預かりたくない」と思う人も少なくないと思います。

 

そこで今回はそんな人向けにママ友から「子供預かってくれない?」と頼まれた時の断り方を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

ママ友の「子供預かってくれない?」の断り方

その日は予定があるから

誰しもそれぞれの生活に都合があるため、子供の預かりをお願いされた日に先約があってもおかしくありません。

そのためママ友から「子供預かってくれない?」とお願いされた時は

「その日は来客があるんだよね」

「今から出かけるとこなんだよね」

などと予定があることを言い訳に断るといいでしょう。

 

先約があればそちらを優先するのが常識ですので、後から頼み事をされても断るのが当然です。

なのでよっぽど相手が図々しい人でなければ、「別の予定がある」と告げればすんなりと諦めてくれるはずです。

 

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

自分の子供で精一杯だから

「子供を預かって」とお願いするということは、ママ友の子供はまだそれなりに手がかかる年齢ということが多いと思います。

ですがママ友は基本的に子供同士の年齢が近いことが多いため、自分の子供も同じく手がかかる年齢であることが多いでしょう。

自分の子供だけでもいっぱいいっぱいなのに、そんな時に他人の子供まで見るというのは正直しんどいもの。

ましてや他人の子供なので色々と気を遣わないといけず、負担は思っている以上です。

 

そのためママ友から子供の預かりをお願いされた時は、「自分の子供で精一杯だから」といった類の理由で断るのもいいでしょう。

相手も子供を預けないといけないような年齢を持つ立場なので、こちらの気持ちも察してくれるはずです。

 

またこの際は自分の子供の人数が多ければ、

「うちは3人だから人の子供を見てる暇がないんだよね」

といったようにそれだけ説得力が上がるので、子供が複数いる人ほど効果的な断り方です。

 

万が一のことがあったら嫌だから

他人に預けないといけないような年齢の子供は、

  • 物を壊す
  • 物を間違った使い方をする
  • 口に入れる、食べる
  • ぶつけたり、こけて怪我をする

といったように何をしでかすか分かりません。

また他人の家ということで普段とは違う環境ですので、いつも自分の家で見る景色とは異なるため好奇心を刺激されやすく、いつもよりもトラブルを起こす可能性が高いです。

 

そうなるとその分自分のストレスも大きくなりますし、他人の子供ということで子供本人にもその親にも強く言うことが出来にくく、それがまた更にストレスを抱える原因になりがち。

またもしもママ友の子供自身が預かっている間に怪我をしたりすると、頼まれたからわざわざ預かったのに相手から責められたり、罪悪感から多大なストレスを感じるということも十分あり得ます。

 

このように他人の子供を預かるというのは責任とリスクが伴いますので、「預かって」とお願いされた時は「もしものことがあったら嫌だから」とトラブルの可能性を考慮した言い方で断るのもいいでしょう。

 

もしくは

「以前預かった時にトラブルになったことがあって...それからもう他人の子供は預からないことにしたの」

「知り合いが子供を預かったことで色々と面倒なことになったみたいで...その話を聞いて自分は頼まれても他人の子供を預からないことにしたんだ」

といったように「以前子供を預かって嫌な思いをしたから」、「子供を預かったことでトラブルになったという話を聞いたから」というように少し工夫して断るのも手です。

 

第三者に断るよう言われたから

ママ友の子供を預かりたくない時は、

「夫にトラブルの元だからって他人の子供は預からないように言われてるんだよね」

「義母がそういうのすごい嫌う人で...」

といったように第三者が嫌がっているという口実で断るのもいいでしょう。

 

このように第三者を出せばあなただけの問題ではなくなるので、あなたに必死にお願いしてもどうしようもないので相手も諦めてくれやすいです。

また自分ではなく他の人が嫌がっているということにすれば、嘘でも自分が断っているわけではないので断ることによる罪悪感なども感じにくく、他の断り方よりも言いやすいというのもポイント。

 

断る口実に使われる第三者には悪いのですが、どうせ夫も義母もママ友同士の付き合いに顔を出すことは早々ないので言い訳に使われた本人にさほど悪影響はありませんので、こういう時には都合よく利用してしまいましょう。

 

まとめ

子供を預かること以外にも言えますが、ママ友からのお願いを一度嫌々でも受け入れてしまうと味をしめてそれ以降もお願いされて、まるで託児所扱いのように都合よく利用される可能性は高いです。

そのため今回紹介した断り方を使って、上手にママ友からのお願いを断りましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

おすすめの記事